「なぜ今さら言い出すのか」性被害を訴えた元ジャニーズJr.二本樹顕理さん 誹謗中傷に答える

連載「ルポ男児の性被害」第4回・前編

秋山 千佳 ジャーナリスト

電子版ORIGINAL

ニュース 社会 芸能

ジャニーズ事務所が設置した専門家による特別チーム。座長は元検事総長の林真琴弁護士だ。6月12日、林氏は記者会見を開き、こう語った。「非常に深刻な問題だと感じている。被害を申告している方々に寄り添い、厳正に検証して、事務所に再発防止策の実行を求めていきたい」。13歳のジャニーズJr.時代に被害を受けた二本樹顕理さん(39)は、5月より繰り返し、「文藝春秋 電子版」などで被害を訴えてきた。だが、いまだジャニーズ事務所からは何の音沙汰もない。一方、永田町ではこの問題が取り沙汰され始めた――。性暴力の実情を長年取材するジャーナリスト・秋山千佳氏の徹底取材第4弾。(連載第4回・前編、後編はこちら

◆◆◆

実名告白の先にある展望は

 ギター教室を運営し、敬虔なクリスチャンであり、夫であり父でもある。そんな39歳の一般男性が、自身の“黒歴史”として半ば伏せてきた「元ジャニーズJr.」の肩書きで顔と名前を広く知られることになった。

「怒涛の1か月でしたけど、まだそれしか経っていないのかという思いもあります。めちゃくちゃ濃密でしたね、良くも悪くも」

 二本樹顕理は、記憶をたどるように遠い目をした。

 彼はジャニーズJr.として活動していた1996年、ジャニーズ事務所創業者で前社長のジャニー喜多川(2019年死去)からの性被害を受けていた。当時13歳、中学1年生だった。以来半年から1年ほどの間に、10回程度の被害に遭った。

 自身の性被害とトラウマの影響を、初めてメディアに実名告発したのが今年5月13日の文藝春秋電子版の記事だ(当連載「ルポ男児の性被害」第3回前編後編)。3月にBBCがジャニーの性加害について報じて以降、3人目の実名告発者となった。

 翌14日には、ジャニーズ事務所・藤島ジュリー景子社長が、前社長であり叔父でもあるジャニーの性加害問題を謝罪する動画と文書を発表。二本樹はすぐにコメントを出した。その後もNHK「クローズアップ現代」をはじめ多くのメディアで証言し、国会でのヒアリングに参加。さらに他の被害者らとともに、児童虐待防止法改正を求める署名活動も始めた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 電子版オリジナル

genre : ニュース 社会 芸能