昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「共演するとマジになってしまう」と話していたことも

「14年のNHKのBSドラマ『今夜は心だけ抱いて』では、共演者の土屋太鳳を見て、『あ〜かわいい』『本当に素敵な人ですねぇ』とスタッフに聞こえるような声で漏らしていました。若い人なのに明け透けで珍しいなと思いました(笑)」(NHK関係者)

 中川も橋本同様にお酒好きなのだという。

「映画で共演した伊藤健太郎や新田真剣佑、千葉雄大らと仲が良く、コロナ禍になる前は麻布界隈でよく飲んでいた。中川は酔うと恋愛について語り出し、『惚れやすい』『共演するとマジになってしまう』と話していた。伊藤が外国人と付き合っているときは、『外国人はいいなぁ』と羨んでいました」(映画関係者)

橋本環奈 ©時事通信社

次のドラマでは中川を別の俳優に差し替える可能性が

 橋本とも共演がきっかけとされるが、晴れてカップルとなった2人に、再び共演の機会が間近だという。

「来年4月クールに、TBSの火曜10時枠で、橋本主演のドラマがあります。『王様に捧ぐ薬指』(小学館)という漫画が原作で、橋本は絶世の美女だが、性格が最悪という設定。生活のために偽装結婚するものの、実際に恋が生まれるというストーリーです。その相手役はジャニーズの山田涼介。中川は山田の恋敵役で出演する」(前出・ドラマ関係者)

 共演となれば、大いに盛り上がりそうだが、事はそう単純ではないという。

「2人の関係がチラついて、視聴者がドラマに没入できない弊害があるんですよ。もっと危険なのは、撮影開始までに2人が別れてしまった場合。現場はやりづらいでしょうね。芸能界には共演NGがありますが、多くは過去に交際していた同士。主演の橋本は動かせませんが、中川のほうを別の俳優に差し替える可能性はあります」(同前)

 そして、制作側は2人の共演について協議を始めたのだという。“千年に一度”の恋の行く末はいかに。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー