新型コロナ・ワクチンの開発手法を生み出したハンガリー移民 カリコー・カタリン(バイオンテック上級副社長)

世界経済の革命児 第55回

大西 康之 ジャーナリスト
ビジネス 企業 医療
ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、カリコー・カタリン(Karikó Katalin、バイオンテック上級副社長)です。
世界経済の革命児カリコー・カタリン_クレジットはWikipediaから
 
カリコーカタリン
写真はWikipediaから

新型コロナ・ワクチンの開発手法を生み出したハンガリー移民

 コンピューターの父、フォン・ノイマン、世界的投資家のジョージ・ソロス、インテル創業者のアンディ・グローブ。数々の天才を生むハンガリーは「異星人の国」と言われる。コロナ禍に苦しむ人類は今また、ハンガリーが生んだ一人の天才によって救われようとしている。

 日本を含む世界で始まった新型コロナのワクチン接種。自国産のワクチンを使う中国、ロシア等を除くほとんどの国で採用されているのが米製薬大手ファイザーと独ベンチャーのバイオンテックが共同開発したワクチンと、米ベンチャーのモデルナが開発したワクチンだが、どちらもmRNA(メッセンジャー・リボ核酸)という人工的な物質を使う新しいタイプのワクチンだ。その手法を生み出したのが、ハンガリー生まれの女性科学者、カリコー・カタリンである。ハンガリー語は欧州で唯一、名前の並びが日本と同じ姓・名の順なのでカリコーが姓だ。

 現在66歳のカリコーは40年前からRNAの研究に携わってきたが、その研究者人生は決して恵まれたものではなかった。だが今回の新型コロナ・ワクチンの開発で、mRNAはにわかに「ノーベル賞級の研究成果」と言われるようになった。

 彼女が40年間、諦めずにRNAの研究を続けた結果として、新型コロナのワクチンは従来より3年近く早く開発することができた。「この技術はいつか必ず役に立つ」という彼女の信念が人類を救ったとも言える。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2021年5月号

genre : ビジネス 企業 医療