【フル動画】鈴木涼美×三浦瑠麗「小池百合子vs蓮舫 激突の行方」

【フル動画】鈴木涼美×三浦瑠麗「小池百合子vs蓮舫 激突の行方」

炎上上等対談 第6回

三浦 瑠麗 国際政治学者
鈴木 涼美 作家・エッセイスト
ニュース 社会 政治 ウェビナー

「文藝春秋 電子版」は作家の鈴木涼美さんをゲストにお迎えして、国際政治学者の三浦瑠麗さんが司会を務める「炎上上等対談 第6回」を7月5日(金曜日)18時から生配信しました。

生配信映像は本記事の上部(有料部分)に表示されます。
当日リアルタイムでご覧になれない方も、アーカイブ動画を配信しますので、何度でもご覧いただくことができます。
アーカイブ動画は生配信終了後、一両日中に公開します。

事実上の女性政治家〝決戦〟

 任期満了に伴う東京都知事選挙も、7月7日の七夕の日の投開票が目前に迫ってきました。今回は最多だった2020年7月の22人を大幅に更新して、56人が立候補。ポスターの掲示板の枠が足りなくなったり、候補者が脅迫されたり、演説で放送禁止用語が飛び交ったりするなど、前代未聞の選挙戦が行われてきました。

 そんな中で、有力な候補として注目されているのが、現職で3期目を目指す小池百合子氏と、参議院議員の座を投げうって出馬した蓮舫氏の2人です。小池氏は自民党や公明党、蓮舫氏は立憲民主党や共産党が応援しており、与野党がきれいに分かれた、事実上の女性政治家〝決戦〟になると見られています。

 歴史上、都知事選で女性候補者が1位、2位となったことはありませんでした。また小池氏はかつて「女性初の総理候補」と呼ばれた時期もありましたが、彼女が自民党を離れて以降、トップを狙えるような女性政治家はなかなか現れていません。アンゲラ・メルケル、ジョルジャ・メローニ、蔡英文……各国・地域で次々と女性のトップが誕生している現状と比べれば、その差は一目瞭然です。

 いったいなぜ、日本では女性政治家が輝くことができないのか。日本における女性議員の比率は衆議員で約10%と、G7では最も低い数字ではありますが、単純に数が少ないだけではないのではないか。数字には表れない日本独自の背景、女性政治家が「失敗」してきた理由、小池氏と蓮舫氏の激突の行方など、様々な視点から鈴木涼美さんと三浦瑠麗さんのお二人が、今回の都知事選について語り合います。

◆番組概要

番組名:小池百合子vs蓮舫 激突の行方(「炎上上等対談」第6回)
出演:鈴木涼美、三浦瑠麗
日時:7月5日(金)18時〜19時30分 完全オンライン生番組です
※視聴するには、「文藝春秋 電子版」の会員になる必要があります

有料会員になると、すべての番組・記事をお楽しみいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 電子版オリジナル

genre : ニュース 社会 政治 ウェビナー