昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

監督の不倫もネタに…広瀬アリスの“いじる力”がちょっとすごい

「一緒に漫画読むだけでいい。どこか行ったりとかしなくて全然いいんだ」

 そう周囲に恋人との過ごし方をノロけるのは、女優の広瀬アリス(27)だ。

広瀬アリス

◆ ◆ ◆

売れない時期も経た苦労人

 CM契約は11本。さらに今年4月クールには、『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジ系)、『探偵が早すぎる〜春のトリック返し祭り〜』(日テレ系)と、異例の連ドラ2本同時主演を果たしたアリス。

「かつては『広瀬すずの姉』という扱いでしたが、2017年のNHK朝ドラ『わろてんか』の女漫才師役で演技の評価を高め、主演ドラマが舞い込むように。人見知りのすずと対照的に、アリスは現場でも明るくて気さくなので、スタッフ受けもすごく良い」(芸能記者)

 売れない時期も経た苦労人のせいか、多忙の中でも努力は欠かさないという。

「太りやすい体質らしく、事務所から体重管理を厳しく言われている。ドラマ撮影中も、毎朝ランニングをしているそうです」(同前)

 しかし、あまりの忙しさに身体は悲鳴を上げていた。

「4月7日、アニメ映画『バブル』の完成披露舞台挨拶で汗が止まらず、『汗ふきに行っていいですか?』と舞台袖に一度消えたことが話題になった。この頃、疲れがピークで、数日後の『探偵が早すぎる』の現場に来られず、撮影が中断することもあった」(民放関係者)

 4月23日には9月からの舞台の降板を発表。25日にツイッターで〈ちょこっとお休みが必要のようです〉と休養宣言をした。

z