昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「一晩で2度にわたり胸を…」“東京2020パラリンピック開会式の楽曲担当”音楽プロデューサーらの性加害を告発

 東京2020パラリンピック開会式の楽曲を担当した音楽プロデューサー、Seiho(35)。30代のミュージシャンA子さんがSeihoから性被害を受け、今年7月、警察に被害届を提出していたことが「週刊文春」の取材でわかった。警視庁渋谷署が痴漢と同等の「迷惑防止条例違反」で捜査を開始している。

 Seihoは三浦大知、矢野顕子、CHARA、YUKI、観月ありさなど有名アーティストたちのサウンドプロデュースを手がけてきた売れっ子音楽プロデューサー。メルセデス・ベンツなど大手企業のテレビCM曲も制作している。2019年の新国立競技場完成記念イベントのオープニングミュージックを担当した後、東京2020パラリンピック開会式の音楽チームに参加した。

本人のInstagramより

 一方のA子さんも音楽活動をしており、Seihoとは20代の頃から仕事で関わりがあったという。

単独公演の深夜パーティ、酔った男が両胸を鷲掴み

 事の発端は今年5月14日、Seihoの単独公演のアフターパーティだった。A子さんは知人に連れられ、会場である渋谷のDJバーに入店した。A子さんが振り返る。

「バーに入ると、レコード会社に勤めているTという男が、酔った様子で近寄ってきました。彼はDJのAnalskiとしても活動しており、私の顔見知りでした。そして突然、Tが後ろから両手で私の両胸を鷲掴みにしたのです」

Analski(本人のFacebookより)

 A子さんはすぐに自身がたった今受けた性的暴行を主催者であるSeihoに訴え出た。ところが——。

z