昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

てんちむナイトの日に…「日本一のキャバ嬢」エンリケの店でシャンパン一気後に男性死亡 警視庁が捜査へ

「日本一のキャバ嬢」の異名を持つエンリケ(34)が経営するシャンパンサロンで6月末に男性が死亡し、警視庁が保護責任者遺棄容疑を視野に捜査を進めていることが「週刊文春」の取材で判明した。

 事件が起きたのは6月28日、午前3時。銀座のビルの5階にある「シャンパンサロン エンリケ」に救急隊や警察が駆けつけた。店内では、男性が顔面蒼白、脱糞した状態で倒れており、救急搬送されたが、午前4時10分に死亡が確認された。

現場となったサロン

 店のオーナーで当日も同店にいたエンリケとは、どのような人物なのか。

「元々、名古屋の高級キャバクラに勤務。客に入れてもらったシャンパンのボトルに口をつけて一気する直瓶(ちょくびん)で人気者に。2日間で1億円を売り上げた伝説を持ち、テレビにも度々出演しています。2018年には当時の安倍晋三首相主催の『桜を見る会』に招かれたことで話題を呼び、メディアに多数取り上げられた」(芸能記者)

 2019年にキャバ嬢を引退すると、2020年3月、銀座に「シャンパンサロンエンリケ」をオープンさせた。

「現在は株式会社エンリケ空間の佐野理恵社長としてセルフエステ100店舗とフランチャイズ契約を結ぶなど、飲食以外でも辣腕を振るっています。私生活では2020年に経営者と結婚。家賃が月350万円の高級マンションでの暮らしをSNSで発信するインフルエンサーでもある」(同前)

「日本一のキャバ嬢」エンリケ(エンリケのインスタより)

 亡くなったのは、都内で飲食店を経営するYさん(享年33)。一昨年、結婚したばかりだった。妻が語る。