昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

〈「ポップUP!」後番組に抜擢〉“年収約2億円”バナナマン日村との結婚で最強のフリーアナに…元NHK・神田愛花42歳の逆転人生

 フジテレビは9月27日、情報バラエティ番組『ポップUP!』を年内で放送を終了させることを発表した。代わって、来年1月からは新番組『ぽかぽか』がスタート。MCをお笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気(36)と澤部佑(36)、フリーアナウンサーの神田愛花(42)が務めるという。

 神田は2018年、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(50)と結婚。その後も「IPPON女子グランプリ」(フジ系)で“珍回答”を連発し話題になるなど、活躍の幅を広げている。その魅力は一体どこにあるのか。神田の“逆転人生”を報じた「週刊文春」の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2022年7月14日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 元NHKのフリーアナ・神田愛花がバラエティ界を席巻している。

 6月25日の「IPPON女子グランプリ」(フジ系)では「壁ドン以上のキュンキュンを教えて」のお題に、絵を描いて「麻布にあるマンションのココ」と珍回答。松本人志の教育的指導も「正直に言っているだけです」と意に介さず。

「28日の『ザ!世界仰天ニュース』(日テレ系)でもヒロミに『東大も出ていないのに東大王の番組の司会をしてる』と“絡み酒”したことを暴露され、爆笑を誘った」(放送記者)

明石家さんまのお気に入りとしても知られた

 横浜出身でお嬢様学校の大妻中・高では生徒会長を務めた。学習院大では代数幾何の世界的権威から数学を学んだ“リケジョ”で、「ミス学習院」準ミスにも選出。本命の民放各局は不合格も、NHKに「拾ってもらった」ことで“タレントアナ”の軌跡が始まった。

「初任地の福岡時代から『サンデースポーツ』の青山祐子の代役を務めるなどアナウンス技術は評価され、異例の速さの4年で東京に戻された」(テレビ関係者)

 その後は「爆笑オンエアバトル」をはじめ、情報番組やクイズ番組を担当。

「回しもうまく、知的美女として人気も出たが、ニュースなど看板番組には付けず。2010年サッカーW杯のスタジオ進行に抜擢されるも『BS1でたっぷり放送、CMありません』と発言したことが問題となり、謝罪する羽目に。結局、失意のまま2年後に退職を決めた」(テレビ誌記者)