文春オンライン
《W不倫でトラブルか?》「女癖の悪さは誰も否定できない」妻殺害容疑で逮捕の長野県議(48)が夜の街で見せていた“別の顔”「事件後も何事もなかったかのように…」

《W不倫でトラブルか?》「女癖の悪さは誰も否定できない」妻殺害容疑で逮捕の長野県議(48)が夜の街で見せていた“別の顔”「事件後も何事もなかったかのように…」

genre : ニュース, 社会

女癖の悪さは誰も否定できないでしょう

 希美さんの実家は塩尻市内にある老舗の漆器店で地元の名士。希美さんは大学卒業後に地元に戻って家業を手伝っていたところ、丸山容疑者と塩尻の青年会議所(JC)で知り合った。結婚後には2人の息子に恵まれている。しかし、丸山容疑者は冒頭のように頻繁に飲み歩き、女性への“ちょっかい”も多かったという。

希美さんの実家の老舗漆器店 ©文藝春秋

「若い時は本当にやんちゃだった。県議になってからはだいぶ丸くなったけど、仲間と毎晩のように居酒屋や女性のいる店に出入りしていたし、事件後も何事もなかったかのように飲み歩いていた。女癖の悪さは誰も否定できないでしょう。信濃毎日に書かれた女性は自民党県連の関係者と言われていて、ダブル不倫だったと聞いている。ただ、女性は大輔と一緒になるために離婚したそうだ」(自民党長野県連関係者)

事件現場となってしまった丸山議員の酒造 ©文藝春秋

 10月15日の任意聴取後、22日に来年の統一地方選に向けた決起集会を開いた丸山容疑者。周囲からは「自分が逮捕されるかもしれないのによく出馬を表明できた」との声が聞こえてくる。逮捕数日前に酒場で一緒に飲んでいたという知人も「事件の話はしなかったし、事情聴取の話もでなかった。逮捕されるといった危機感は感じなかった」という。丸山容疑者と親交が深い知人らは一様に「まだ信じられない。人を殺せるような人間ではない」と口を揃えるが、捜査の進展が待たれる。

ADVERTISEMENT

◆◆◆

「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式ツイッター」のDMまで情報をお寄せ下さい。

 メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp

 文春くん公式ツイッター:https://twitter.com/bunshunho2386

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

《W不倫でトラブルか?》「女癖の悪さは誰も否定できない」妻殺害容疑で逮捕の長野県議(48)が夜の街で見せていた“別の顔”「事件後も何事もなかったかのように…」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事