「次なる交渉のモノサシにしてほしい」

初公開 北朝鮮首脳と「全7時間」極秘会談〈2013年訪朝〉

飯島 勲 内閣官房参与
ニュース 社会 政治 韓国・北朝鮮

岸田総理が覚悟を決めた今、拉致問題解決を北に訴えるべきだ

 この記録は、墓場まで持っていくと決めていたものです。今回はそれを引っ張り出してきました。

 2013年5月、私は北朝鮮を訪問し、金正恩(キムジョンウン)国防委員会第一委員長に次ぐナンバー2の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員会委員長ら党・政府の最高幹部と会談しました。4日間の日程を終えて帰国した直後、メモを元にして、その様子を克明に綴ったのが「会談記録」です。当時から、メディアは挙(こぞ)って訪朝の内幕を報じましたが、実際に何が話し合われたのか、揣摩臆測の域を出ない、いい加減なものが多かった。いちいち反論しても仕方がないと考え、この10年間は、「見ざる、聞かざる、言わざる」を貫いてきたのです。

 ところが今年5月27日、その考えを改める出来事が起こりました。岸田文雄総理が拉致被害者の救出を求める「国民大集会」に出席。横田めぐみさんの母・早紀江さんらを前に、日朝首脳会談の早期実現に向けて、こう決意を述べたのです。

「条件を付けずにいつでも金正恩氏と直接向き合う」、「私直轄のハイレベルで協議を行っていきたい」

 率直に言って、ビックリしました。これは総理大臣として勝負をかけたとしか思えない発言です。7月5日にも官邸で曽我ひとみさんと面会し、再度「直轄のハイレベル協議」に向けた決意を述べています。総理直轄となれば、外務省だけでなく、官邸主導で、これまで人道支援の名目で北朝鮮とのパイプ役を担ってきた日本赤十字社や、事実上の大使館と位置付けられる朝鮮総連本部など、使える交渉ルートは全て使うことを意味します。

曽我ひとみさんと面会した岸田首相 ©時事通信社

 岸田政権が発足した直後、嶋田隆秘書官から、「拉致問題の状況を見ておいて欲しい」と一般論で言われたことはありますが、内閣官房参与として正式に対北交渉を任されたわけではありません。ただ、「直轄」という言葉に、何としても拉致を解決するという岸田総理の覚悟を感じ、喜寿を迎えた老人の血が騒ぎ出しました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年10月号

genre : ニュース 社会 政治 韓国・北朝鮮