無料公開中

【特集】安倍銃撃から1年

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治
 

 安倍晋三元首相が凶弾に倒れてから1年。憲政史上最長政権を担った宰相は、一体どんな生涯を歩んだのか。「週刊文春」が総力取材した記事をまとめました。

購読はこちら

安倍晋三、ファインダー越しの実像 <30年撮り続けたカメラマンが語る>

 

 憲政史上最長政権を担った宰相が凶弾に倒れてから1年。最も親しい写真家が昭和から令和で捉えた秘蔵写真がある。未公開カットを含む厳選した20枚でその素顔を振り返る。

 

記事を読む

“疑惑の自衛官”同僚の告白「安倍は俺が殺そうかな」と吠えた京都の夜

 

〈生き恥晒す安倍晋三を葬れたことは手段はいずれにせよ感無量です〉。こう回答を送ってきた疑惑の自衛官。今回、共に旅行し焦点の「京都での飲み会」に同席した同僚自衛官が取材に応じた。その口から語られたのは……。

 

記事を読む

“安倍元首相暗殺”疑惑の自衛官を直撃 男の端末に「事件現場の見取り図と大和西大寺駅の工事図面が保存」《検証レポート》

 

 4月末、27歳の海上自衛官が退官した。事件に関連があるとの情報を受け、小誌が追ってきた男だ。彼は文書でこう回答した。「事情聴取を複数回受けた」「安倍晋三を葬れたことは感無量です」。さらに、小誌が直撃すると――。

 

記事を読む

安倍元首相暗殺「疑惑の銃弾」第4弾 5つの核心

 

 小誌が3週にわたって報じてきた安倍元首相暗殺を巡る「疑惑の銃弾」。その内容は各方面で論議を呼んでいる。そうした中、側近議員、元警視総監、ジャーナリスト、米法医学者、政治学者が指摘する「事件の核心」とは――。

 

記事を読む

「疑惑の銃弾」第3弾 安倍元首相暗殺「3つの死角」

 

 警察は捜査終結を宣言したが、これを「歴史」として刻むにはあまりに多くの疑問や謎が残っている。あの日、銃弾が発砲された現場では一体、何が起きていたのか。改めて県警や消防、救急の動きを徹底検証したところ――。

 

記事を読む

安倍元首相「疑惑の銃弾」第2弾 昭恵夫人は暗殺映像を再生し「変ですよね…」

 

 小誌先週号で詳報した安倍元首相暗殺「疑惑の銃弾」。ついに現職閣僚や元警視総監たちからも捜査への不信感や全容解明を求める声が上がり始めた。そして、遺された昭恵夫人は――。新たな疑惑も報じる徹底検証第2弾。

 

記事を読む

《徹底検証》安倍元首相暗殺「疑惑の銃弾」

 

 警察の見解は「首の右側を撃たれた」。しかし、専門家は「右に当たるはずはない」。変転する警察庁幹部の国会議員への説明。救命医と監察医で異なる診断、消えた弾丸、心臓に開いた穴。このテロ事件を検証すると…。

 

記事を読む

政治家・安倍晋三——哀悼録2022「愛しき人よ、もう一度」

 

 首相としての在職日数は第一次〜第四次内閣を含め通算3188日、第二次発足から連続で2822日でともに憲政史上最長。座右の銘は「初心忘るべからず」

 

記事を読む

安倍元総理の死去から100日 昭恵夫人が10分間の挨拶で語ったこと

 

「主人は山口県が本当に好きで、下関・長門が大好きでした――」

 

 10月15日、山口県下関市で執り行われた安倍晋三元首相の県民葬。葬儀委員長を務めた村岡嗣政県知事をはじめ、国会議員や地元の支援者などおよそ2000人が参列した。式典は生前の姿をまとめた映像、追悼の辞と進み、昭恵夫人のあいさつへと続いたのである。

 

記事を読む

昭恵夫人の目に涙も…写真で振り返る安倍晋三元首相の国葬〈全内幕〉

 

 ドーン、ドーン――。8秒おきに鳴り響く19発の弔砲が、その始まりを告げた。

 

 7月8日に参院選応援演説中の奈良県で凶弾に倒れた安倍晋三元首相。享年67。9月27日、その葬儀が国葬のかたちで日本武道館にて執り行われたのである。

 

記事を読む

統一教会“安倍は一線を越えた” 麻生、側近が懸念した「入信事件」

 

 それは、凶弾に斃れる1カ月ほど前のことだった。

 

 6月2日、神奈川県小田原市で開かれた「井上よしゆき君を激励する会」。7月10日に控えた参院選に、比例区から出馬する井上義行氏の決起大会だ。

 

記事を読む

《外交》トランプも籠絡した“サシの強さ”

 

「各国首脳と信頼関係を築く能力は傑出していた。米国のトランプ前大統領だけでなく、英国のメイ元首相、豪州のアボット元首相とは親友中の親友。『自由で開かれたインド太平洋』も世界中で受け入れられた。世界史に名を残す総理です」

 

 こう話すのは、第2次安倍政権で内閣官房副長官補を務めた兼原信克氏だ。

 

記事を読む

《昭恵夫人》「犯罪被害者支援がしたい」 後継者未定で地元事務所閉鎖

 

「(国葬を)光栄に思っています」

 

 賛否両論あった国葬だが、妻・昭恵氏は一貫してこう語っていたという。

 

記事を読む

安倍晋三と統一教会《全内幕》 キーマンは安倍夫妻と高尾山に登った関連団体幹部

 

 なぜ安倍元首相は暗殺されなければならなかったのか。統一教会との関係はいかなるものだったのか。そして教団の嘘を暴く極秘文書や韓鶴子総裁の正体、容疑者伯父の新たな告白まで総力取材で「統一教会の大罪」に迫った。

 

記事を読む

夫・晋三との35年 安倍昭恵「私の天命」

 

「いつも私のことを守ってくれた」。最愛の夫を亡くした妻は葬儀でそう語った。二人が結婚して35年。彼女の無邪気で天真爛漫な姿は時に失意の底に沈んだ夫を励まし、時に行政の大きな歪みに繋がった。そして――。

 

記事を読む

《評伝》安倍晋三 その愛と権力

 

 その男は絶大な権力を手に国政を舵取りしてきた一方、愛する仲間を大切にするがゆえに疑惑を招くこともあった。歴代最長政権を築き、凶弾に斃れた安倍晋三とは、何者だったのか。その実像を描く渾身のルポルタージュ。

 

記事を読む

《検証》統一教会と安倍元首相との「本当の関係」

 

「統一教会にメッセージを送っている動画を見て、繋がりがあると思った」

 暗殺の動機をそう供述している山上徹也容疑者。統一教会(現・世界平和統一家庭連合)と安倍晋三氏には、本当に「繋がり」があるのか――。

 

記事を読む

先月の食事会でかけられた言葉|林真理子

 

「安倍さんの言葉のひとつひとつに運命めいたものを感じてしまいます」

 そう語るのは、安倍晋三・昭恵夫妻と親交の深かった作家の林真理子氏だ。

 

記事を読む

選挙の時だけは鬼だった|世耕弘成

 

「安倍さんは、選挙だけは本当に鬼だった。最後が街頭演説の現場だったというのも宿命を感じます……」

 そう振り返るのは、世耕弘成参院幹事長(59)だ。

 

記事を読む

憲法、皇室…公示日に語った“遺言”|衛藤晟一

 

 保守系議員として若手の頃から安倍氏と行動を共にし、第二次安倍政権で首相補佐官、沖縄北方担当相を務めたのが衛藤晟一(せいいち)参院議員(74)だ。

 

記事を読む

7年8カ月、政権が続いた3つの理由|飯島勲

 

 第二次安倍政権の誕生と同時に内閣官房参与に任命され、7年8カ月、安倍官邸を支えた飯島勲氏(76)が長期政権の理由を語る。

 

記事を読む

偉くなっても態度が変わらない|阿比留瑠比

 

 第一次、二次安倍政権で官邸キャップを務め、2016年に『総理の誕生』(小社刊)を上梓した、産経新聞論説委員兼政治部編集委員の阿比留瑠比(るい)氏(56)。彼が初めて接したのは、安倍氏本人にはメリットのない密着取材だった。

 

記事を読む

海外首脳と響き合ったリアリズム|船橋洋一

 

 元朝日新聞社主筆でシンクタンク、アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)の創設者である船橋洋一氏(77)が、外交・安全保障の専門家として見た安倍外交について寄稿した。

 

記事を読む

洒脱な人。ただ異を唱えると排除|前川喜平

 

 加計問題を巡り、小誌17年6月1日号で「『総理のご意向』文書は本物です」と明かした元文科事務次官の前川喜平氏(67)。行政の歪みを告発した官僚が肌で感じたのは――。

 

記事を読む

首相辞任の時にくれた電話|みのもんた

 

 みのもんた(77)は、自身が司会を務めた情報番組『サタデーずばッと』(TBS系)に、安倍氏が出演したことが縁で、夫妻と食事会をする仲になったという。

 

記事を読む

小4の晋三くんから届いた葉書|本田勝彦

 

 安倍家の家庭教師だった元日本たばこ産業社長の本田勝彦氏(80)。晋三氏が成蹊小学校に通っていた1960年代のことだ。

 

記事を読む

クレームは一度もなかった|後藤謙次

 

 元共同通信社編集局長で「報道ステーション」(テレ朝系)のコメンテーターも務めた後藤謙次氏(72)。永田町取材歴40年の政治ジャーナリストの目に、安倍氏はどう映っていたのか。

 

記事を読む

“政治一族のサラブレッド“安倍晋三 秘蔵写真で振り返る「もう1つの顔」

 

 岸信介の孫、安倍晋太郎の息子――政治家一族のサラブレッド・安倍晋三は首相として歴代最長の3188日を走り抜けた。時折見せた素の表情や笑顔とともに、その足跡を振り返る。

 

記事を読む

安倍晋三元首相

 

 安倍晋三元首相が亡くなられました。謹んでお悔やみを申し上げます。私も非常に混乱していますが、当初予定していたニュースレターの内容を変更して、安倍元首相について書きたいと思います。

 

記事を読む

「腰が痛い」壁に手を突き、ろれつも…安倍「眠れない」年内退陣Xデー

 

 永田町では「安倍政権の終わり」が公然と語られ始めた。足取りの重さは顕著で、慶応病院へ検査に向かう様子がニュース速報の対象になっている。状況は退陣した13年前の夏と酷似しつつある。

 

記事を読む

安倍晋三「桜を見る会」 「虚偽答弁」を許すな

 

 11月20日、総理在任最長記録を打ち立てた安倍首相。だが、連日記者から聞かれるのは「桜を見る会」を巡る疑惑ばかり。そんな最中にもたらされた、ホテルニューオータニ関係者からの悲痛な叫びと現職社員の告白。この問題、まだまだ幕引きなどできそうにない。

 

記事を読む

嘘つきは安倍晋三の始まり 森友、加計、アベノミクス……捏造、隠蔽を暴く!

 

 政治が信頼を失うということは、怖ろしい。森友、加計問題で、安倍政権のウソが次々に明るみに出るにつれ、過去の“実績”にも疑いが浮かんでくる。隠蔽、改ざん、ごまかし、強弁……すべて同じ手口だったのではないのか。安倍政権「疑惑の5年半」を徹底検証する!

 

記事を読む

森友自殺 財務省職員 遺書全文公開「すべて佐川局長の指示です」

 

 2年前の3月7日、近畿財務局職員・赤木俊夫氏(54)が自ら命を絶った。安倍昭恵夫人が関与する小学校への国有地格安払い下げが国会で問題となる中、起きた決裁文書の改ざん事件。真面目な公務員は、なぜ公文書を改ざんし、そして死を選ばなければならなかったのか。

 

記事を読む

  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる