昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「これ、桑田に返しておいてもらえませんか?」清原和博はなぜ“桑田真澄のグラブ”を私に預けたのか

2022/08/14

 覚せい剤取締法違反で逮捕された後の清原和博(54)の4年間を追ったノンフィクション『虚空の人 清原和博を巡る旅』(文藝春秋刊)。前作『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』(文藝春秋刊)で大宅賞を受賞した鈴木忠平氏は、なぜ清原に引き寄せられたのか。

“堕ちた英雄”の光と闇を追った一冊『虚空の人 清原和博を巡る旅』

◆ ◆ ◆

2018年に清原さんから預かった「桑田のグラブ」

 昨夏のことだった。地下鉄の通路を歩いていると携帯電話が鳴った。清原和博さんからだった。付き合いがあるわけではない。継続して連絡を取っているわけでもない。それでも、毎年夏になると、清原さんから唐突に音信があった。

「あの、桑田のグラブ……まだ手元にありますか?」

 清原さんはいつものように前置きなく、そう言った。

清原和博

「桑田のグラブ」とは文字通り、PL学園時代のチームメイトである桑田真澄さんのグラブのことだった。

 2018年の夏、私はスポーツ雑誌Numberの取材で、清原さんとともに甲子園100回大会の決勝戦を観に行った。まだ執行猶予中だった清原さんは試合の後、私に赤茶色のグラブを差し出した。

「これ、桑田に返しておいてもらえませんか?」

 それは高校3年の夏、1985年の甲子園で優勝した後に、桑田さんと交換したものだという。愛憎半ばする桑田さんへの複雑な感情を垣間見た気がした。

KKコンビで甲子園に5季連続出場

「もしあるなら、ぼくに返してもらえませんか?」

 それからは年に数度、思い出したように確認の電話がかかってきた。

「桑田のグラブ、返してもらえましたか?」

 その度に私は「返せていません」と答えるしかなかった。2人にしか分かりえない意味を持つグラブを、第三者が返していいのだろうか、と迷っていたからだ。

 だから昨年の夏も、地下鉄の通路を歩きながら、これまでと同じ返答をするしかなかった。すると、清原さんは言った。

「もしあるなら、ぼくに返してもらえませんか?」

 グラブは再び清原さんの元に戻った。それがどういう意味を持つのかは分からなかったが、清原さんの中で何らかの揺れがあることだけは伝わってきた。

z