昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 これまで極秘での交際を続けてきた2人だが、京都での目撃情報からは、2人の関係を隠そうという意思は感じられない。

「スタバで座っていた席も窓際の目立つ場所でしたし、飲み物を飲むときは普通にマスクを外して談笑していました。周りを気にする様子もなく、堂々と手をつないだのはさすがに驚きましたが……。でもちょっとお疲れ気味の宇野さんを本田さんが明るい笑顔で包みこんでいるようで、お似合いのカップルだなと感じました」(前出の目撃者)

ジュニア時代の本田真凜は「ポスト浅田真央」と呼ばれることも ©文藝春秋

宇野事務所は「プライベートについては本人に任せています」と回答

 宇野は10月8日に行われる大会「ジャパンオープン」を控えている。束の間の休息を本田の地元である京都で過ごした宇野。その背景にはもう「交際を隠さない」という決断があったのかもしれない。

「真凜選手は2020年に明治大学に進学し、現在3年生。昨年10月に久しぶりに出場した公式戦の後には『自分の中では、大学生が終わるまでかなと思う』と引き際についてもコメントしています。兄の太一さんも大学卒業と同時に競技から引退していますし、真凜選手も成績がなかなか上向かない中で、人生の“次のステップ”を考え始めていてもおかしくありません。交際スタートから3年、大学卒業まであと1年半という時期を考えれば2人の間で結婚という選択肢が浮上していても不思議ではないですよね」(フィギュアに詳しいスポーツ紙記者)

 2人の所属事務所に事実確認を求めると、宇野の所属事務所は「プライベートは本人に任せております」との回答があった。本田の所属事務所からは期日までに回答はなかった。

宇野昌磨の公式YouTubeに本田真凜がゲスト出演したことも

 2020年の9月に宇野のYouTubeチャンネルに本田が出演した際、宇野の第一印象を問われて「ボールで遊んでくれるお兄さん。今は、落ち込んだときに名言や染みる言葉をたくさん掛けてくれる」と笑顔で語っていたことがある。

 京都での本田の笑顔を見ると、その関係は今も深まっているようだ。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(21枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z