左翼大統領誕生にオタオタするな

特集 朝鮮半島クライシス

黒田 勝弘 神田外語大学客員教授・産経新聞ソウル駐在客員論説委員
ニュース 政治 国際 韓国・北朝鮮

韓国政治は10年周期。今回は「左」が当選する番なのだ

黒田勝弘氏 ©文藝春秋

 初の女性大統領・朴槿恵(パククネ)を、まるで中世ヨーロッパの宗教的“魔女狩り”のような大規模ロウソク・デモで弾劾、罷免、逮捕に追いやった韓国政治は、相変わらず(?)激しい。本誌が出るころは中途退陣を余儀なくされた朴槿恵に代わり、新たな大統領が誕生しているはずだ。

 朴槿恵は「韓国中興の祖」とされる朴正熙(パクチョンヒ)の娘として保守本流を受け継いだはずだったが、結果的には今回の罷免、逮捕によって与党を瓦解させ、保守派を分裂させてしまった。これで次期政権は野党勢力に握られることは確実となった。世論調査で支持率トップを争ってきた文在寅(ムンジェイン)、安哲秀(アンチョルス)とも左派ないし革新系の野党候補である。韓国の大統領選で与党・保守勢力がこんなに落ち込んでしまったのは政治史上初めてのことだ。

 ここまで与党というか保守派を無力化させた原因は、周知のように野党・左派主導の大規模ロウソク・デモを誘発した「朴槿恵-崔順実(チェスンシル)スキャンダル」である。

 朴槿恵は、長年の陰の女友達で、世論をいたく怒らせた“悪女イメージ”の崔順実にかかわるワイロ疑惑の当否については、法廷闘争の構えだ。彼女はマスコミ主導ではじまったこのスキャンダル疑惑については「仕組まれた感じがする」と語っている。左派勢力による“陰謀説”をにおわしているのだが、しかし結果的に自らの弾劾・罷免で保守壊滅を招き、政権を野党に明け渡す流れになってしまった政治責任からは逃れられない。

 朴槿恵と文在寅が争った5年前の大統領選で朴槿恵が当選した時、筆者は「これで韓国もひと安心」という感じから、長年にわたる韓国への関心(ウォッチング・ポイント)についても「もう政治はいいかな……」と思った。個人的にはある種の“政治離れ”を考えていた。李明博(イミヨンバク)政権に続く朴槿恵・保守政権の誕生で安定志向、政治的激変回避が予想されたからだ。

 とくに朴槿恵は政権の公約として「非正常の正常化」や「原則重視」を語っていた。何のことかというと、保守が政権を奪還するまで左派・革新政権の金大中(キムデジュン)・盧武鉉(ノムヒョン)時代(1998-2008年)10年で国の権威が後退し、法や秩序を軽視・無視するといういわば“NGO国家”的な状況があったからだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2017年06月号

genre : ニュース 政治 国際 韓国・北朝鮮