本田宗一郎「神様の次」の妻

伊丹 敬之 国際大学学長・一橋大学名誉教授
ビジネス 企業 働き方 ライフスタイル

 本田宗一郎が磯部さちと見合い結婚をしたのは、宗一郎が29歳、さちが20歳の時だった。宗一郎は浜松で自動車修理工場の経営を大きく成功させていた。さちは地元の高等女学校専修科を卒業した、当時としては学歴の高い才媛で、じつに美しい女性だった。宗一郎は、その後の56年間の人生をともにする、すばらしい伴侶を得たのである。

 さちは自分の父親に、「婿さんは遊びも盛んらしいが、仕事はできる。遊びもできない男はダメだ」と言われていたそうだが、たしかに宗一郎の遊びはかなり激しいものだったようだ。しかしさちは、それらをすべて呑み込んで、家庭を見事に治め、宗一郎を支えつづけた。宗一郎もまた、さちを大切にしつづけた。

本田宗一郎 ©文藝春秋

 本田宗一郎に藤澤武夫という事業の上での名パートナーがいたことは有名な話だが、作家の城山三郎が「藤澤という宗一郎とはかなり個性のちがう人とパートナーを組んでどうでしたか」、と問うたとき、宗一郎は「藤澤の意見がもっともだと思ったら、世界の45億人の人間の代表の言葉だと思うしかないね」と答えた。さらに城山が、「親友でも、夫婦でも、45億の代表だと思えばいいんですね」と突っ込むと、宗一郎の答えはあらぬ方向へといった。

「その中で一人だけちがうのがあるけンど、女房(笑い)。

 あれはどうもしようがない。代表として選んだんじゃないもンだから(笑い)。神様の次だ。あれはこたえるよ(笑い)」

 宗一郎はさちに叱られる自分の姿を、ときに語っていた。「いまだに私は悪いことをして、時々女房にどなられるんだ。その時はなさけない顔をしていますよ」と。

 この言葉は、経済雑誌のインタビュアーが宗一郎に「実業人としての顔だけでなく、教育者の顔も持っていますね」と問うたときの答えとして、「自分には3つ目の顔もありますよ」といったときのものである。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年7月号

genre : ビジネス 企業 働き方 ライフスタイル