「非常にピュアな方なんだと…」元側近・齋藤経産相が明かした“ポスト岸田”石破さんの「ピカイチ」と「残念なところ」

電子版ORIGINAL

ニュース 政治 ウェビナー

「(派閥の)原点は、自分に良いポストが来るために集まっているのではないか」

 自民党の派閥の実態についてこう語るのは、元石破派で現在は無派閥の齋藤健・経済産業大臣だ。

 昨年12月、政治資金パーティを巡る裏金問題で更迭された西村康稔氏の後任として経産相に就任した齋藤氏。1月24日に、文藝春秋ウェビナー「青山和弘の永田町未来café」に出演し、派閥の弊害や「ポスト岸田」の人物評、経産相としての能登半島地震や万博への対応について語った。

左から番組ゲストの曽我豪氏(朝日新聞編集委員)、齋藤健氏、青山和弘氏 ©文藝春秋

親分に「次の総裁選はコイツでいく」と言われるのは…

 齋藤氏は、2015年の石破派旗揚げから参加していた石破氏側近の一人だが、2021年に退会。以降、無派閥議員として歩んできた。その理由について、次のように説明した。

「派閥に入ると、もし親分さんが『次の総裁選はコイツでいく』と言ったら、その人をやる。その人が勝つとポストで優遇される。これが派閥のいちばん大きな機能です。ただ私は、『この人が日本を背負って欲しい』という一票を、自分の意思で選びたいと考えた。国のために最も重要な一票を、自分のポストのために売ってしまうことはできない。(派閥に)入っている人は、総裁選で勝つことで『良い思いをしよう』というところがあるんじゃないのかな」

文藝春秋ウェビナーに出演した齋藤氏 ©文藝春秋

 1月19日に岸田文雄首相が岸田派の解消を表明すると、安倍派と二階派も後に続いた。しかし、1月22日の朝日新聞の世論調査では「派閥が解散すれば政治の信頼回復につながると思うか」との質問に、72%が「つながらない」と回答している。この状況に、齋藤氏はこう反論した。

「政治プロセスを考えた時に、ここでバンッと(派閥解消を)やったから、党の改革が進む一つの大きなモメンタムにはなった。『これは本気でやらなくちゃいけない』というメッセージにはなった」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 電子版オリジナル

genre : ニュース 政治 ウェビナー