昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/08/09

「ネット圏外」の絶大な支持を集めていた!

 全国のおじちゃん、おばちゃんのもとへ行き、絶大な可愛がられ方をしていた。ご当地の方言を入れたり名産物を褒めたりし、仕上げは自民党へのツッコミ。ツッコまれる前に自分でツッコむ。父親から受け継いだ伝統芸で好感度を上げていた。

 小泉進次郎は「ネット圏外」の絶大な支持を集めていたのだ。党務では地味な“ぞうきんがけ”をやって周囲の嫉妬も回避しているようにみえた。万事そつがない。

©文藝春秋

「ほんとうは怖い小泉進次郎説」

 ただ「政策」があまりみえてこなかった。人口減少問題については熱く語るが爽やかというイメージが先行していた。このまますんなり権力を手にし、とてつもない政策を言い始めたら止められなくなるのではないか?

「ほんとうは怖い小泉進次郎説」である。

 数年前からそう考えていたら、具体的に検証した人がいた。

 政治学者・中島岳志は近著『自民党 価値とリスクのマトリクス』で小泉進次郎について次のように書いている。

©文藝春秋

《これほど注目されるホープでありながら、どのような考え方の政治家なのかは、国民にあまりよく知られていません。》

《それもそのはず。小泉さんは、自らの考えをまとめた書籍を一冊も出版していません。》

 私が注目したのは次のくだり。

《彼の特徴は、歴史認識や選択的夫婦別姓問題などについて、極力、明言を避けている点です。》

2018年9月、「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2018」に登壇 ©JMPA

 たしかに、《もっぱら社会保障や農政の構造改革に向けられており、価値の問題に積極的な関心を示していない》のが進次郎の特徴だと気づく。