昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/01

genre : ニュース, 社会

酒のつまみのように火災事件を振り返る若者

「あの後、何日か後にもデカい火事が起きたんですよ」

「それも放火じゃないかって言われてる。タイミングからして、日進町のヤツと同一犯かも」

「まぁ、川崎は放火が多いからな。前に友達のばあちゃんが捕まったこともあったし」

 川崎区の臨海部を横断し、絶えず行き交うトラックの排気ガスが近隣住民を悩ませてきた、産業道路こと神奈川県道6号東京大師横浜線。その脇にあるファミリーレストランで話を聞いた若者2人は、ビールのジョッキを空けながら、酒のつまみにでもするかのように、簡易宿泊所火災事件について振り返った。

「同じような事件でも報道されるものとされないものがあって。『あ、そっちはされて、こっちはされないんだ』みたいな」

「逆に小さい事件は騒がれたりする。強盗とか」

BAD-HOPのメンバー(取材当時)のAKDOWの手に彫られたタトゥー #2参照 ©細倉真弓

「あの河川敷はリンチをやるときの定番の場所」

 彼らは中1殺害事件についても同じような調子だ。

「もはや、懐かしいな」

「ああいう事件も川崎ではよく起こるから」

「そもそも、あの河川敷はリンチをやるときの定番の場所で。今までだって死んだヤツはいるし」

 では、「最近、起きた気になる事件は?」と聞くと、2人は俄然、盛り上がり始めた。

「友達が捕まったことかな。150万ぐらい保釈金払って出てきたのに、またすぐ」

「無免許で轢いたんでしょ?」

「相手が植物状態になったみたい」

「えー、それ知らなかった。ヤバいね」

 確かに、端から見ていても、2015年、川崎駅周辺では立て続けにインパクトのある事件が起きている。メディアもまた中1殺害事件に関してはすっかり飽きてしまったようで、今盛んに取り上げているのは、川崎駅西口側にある有料老人ホーム〈Sアミーユ川崎幸町〉で入居者の転落死が相次ぎ、その後、施設内で虐待が行われていることが発覚した事件だ。

#2へつづく

ルポ 川崎

磯部 涼

サイゾー

2017年12月26日 発売

ルポ川崎 (新潮文庫 い 139-1)

磯部 涼

新潮社

2021年4月26日 発売

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z