昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

緊急SOS、紛失モード、タッチが効かない時の再起動…いくつやったことある? いざという時のiPhoneトラブル対応Tips3選

2021/06/11

 110番や119番のお世話にならなくてはいけないトラブルに直面した時、頼れるのは手元にあるスマホだけ……ということは決して少なくありません。また生活の隅々までスマホが浸透した現在、紛失や盗難、あるいは故障などによってスマホが使えなくなるのも、現代人にとってはひとつの緊急事態にほかなりません。

 こうしたトラブルはいずれも突発的なものだけに、前もって対応手順をシミュレーションしておくのは至難の業です。とはいえ、対処方法の有無を知っておくだけでも、その後の対応はまるで変わってくるだけに、自分でいちから試す手間は掛けなくとも、とっかかりとなる段取りだけは把握しておきたいところです。

 今回はiPhoneに備わっている、トラブル対処にまつわる3つの機能を、使い方のアウトラインとともに紹介します。将来万一何らかのトラブルに遭遇した時に、そういえばどこかにヒントとなる記事があったはず……と思い出して、このページに戻ってきてもらえれば幸いです。

 なお、以下の手順はいずれもホームボタンのないiPhoneを想定したものです。iPhone SEなどホームボタンありのモデルでは手順が変わる場合がありますので、今回の方法を参考に探してみてください。

iPhoneには緊急事態の助けになる機能や、iPhone自体が利用できなくなる事態を解決するためのさまざまな機能が搭載されています

知ってるけど使ったことがない「緊急SOS」 使うとどうなる?

 まず最初に紹介するのは「緊急SOS」機能です。この機能を使えば、ダイヤル画面を経由せずに110番や119番などに発信できますので、緊急事態下では、文字通り命を助けてくれる機能です。もっとも、用もない時に試すにはちょっと怖い機能ゆえ、iPhoneユーザのほとんどは、存在こそ知っていても使ったことはないのではないでしょうか。

電源ボタンを5回連続で押すと、大音量で防犯ブザーが鳴るとともに、緊急電話を発信するまでのカウントダウンが表示されます。ちなみにこの画面は、音量大ボタンと電源ボタンの同時押しで表示される「緊急SOS」のリンク先にあたります
下段の「停止」をタップし、「キャンセル」を押すと取り消せます

 この機能については、ひとまず「電源ボタンを5回連続で押す」と起動することさえ知っておけばよいでしょう。5回連続で電源ボタンを押すと、3秒間のカウントダウンが始まります。これが残り0秒になると、緊急連絡先として110番など3つの選択肢が表示され、そこから選んだ番号に発信が行われる仕組みになっています。

カウントダウンがゼロになると、緊急電話の選択肢が表示されますので、いずれかを選択して発信します。任意の番号へのダイヤルはできません

 この仕組みから分かるのは、「3秒間のカウントダウンを行っている間」と「通報先を選ぶ画面」、計2度にわたってキャンセルの機会があることです。いきなり110番につながるわけではありませんので、過剰に恐れる必要はありません。まずは「電源ボタンを5回連続で押す」ことだけ覚えておけば、あとは画面の指示に従えばよいでしょう。

電源ボタンを5回連続で押した瞬間になる大音量の防犯アラームは、設定画面の「緊急SOS」を開き、「カウントダウンで音を出す」のチェックを外すことで解除できます

 ちなみにこの「緊急SOS」、初期設定ではカウントダウン中に大音量の防犯アラームが鳴り響く仕様になっており、これは何らかの危険に直面して身を潜めている時、相手に知られずに通報するには不向きな仕様です。防犯アラームとして使うのならまだしも、そうでない場合は設定画面の「緊急SOS」を開き、「カウントダウンで音を出す」のチェックを外しておくことをおすすめします。