昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《懲役7年》50代工場社長が“愛人の小学生娘”を数年間、性のはけ口にしていた卑劣犯行の真相《大阪・少女強制性交》

大阪・少女強制性交事件 #1

genre : ニュース, 社会

 文春オンラインが2021年6月3日に報じた、大阪府郊外の町で金属部品加工の工場を営むヤマモトシュウジ被告(50代・仮名)が、愛人の娘に対して「強制わいせつ」「強制性交」を犯した罪に問われていた事件。

 その後、今年1月に大阪地方裁判所某支部で懲役7年の実刑判決がくだったことがわかった。ヤマモト被告は控訴したが、大阪高裁は9月6日、被告の控訴を棄却した。裁判長が15分にわたり判決文を読み上げるなか、ヤマモト被告は前を向き目をパチパチとさせ、ときおり両手で頭を抱えこむ仕草を見せた――。

 文春オンラインでは、これまで大阪地方裁判所某支部で行われてきた公判の様子を報じてきた。当時の記事を再公開する(初出2021年6月3日、肩書き、年齢等は当時のまま)。

◆◆◆

「ジェルみたいなものをお股に塗られ、機械みたいな物をお股にあてられました。被告人は自分の性器を持ってお股のあいだにいれようとしてきました。私は足などで抵抗しました」 

 法廷内に響いた被害少女の声は、ビデオリンク方式により別室から配信されたため、表情こそ見えないが確かに震えていた。自身が受けた性暴力の恐怖について訴える少女の声を、白いポロシャツ姿の被告人は前を向き、表情を変えることなく聞いていた。

※写真はイメージ ©istock

 今年3月から大阪地方裁判所某支部で行われている刑事裁判の4回目の公判が6月2日に行われた。町工場社長のヤマモトシュウジ被告(50代、仮名)は「強制わいせつ」と「強制性交」の罪に問われている。この事件の被害者は、ヤマモト被告の愛人の娘で、当時小学生だった女子児童である。

 あまりに卑劣な犯行内容に、2人の若手女性検事は眉をひそめて被告を追及しているが、被告についている3人のベテラン弁護士は不敵な笑みを浮かべ、証拠資料の不備を指摘している。

 6月2日の公判では、被害女児の母親も証言台に立ち、「亡くなった主人に申しわけない」「娘の痛みを法で裁いてください」と涙を流した。

※この裁判では被告人名から被害者が特定される可能性があるため、被害者を保護する観点から「被告人名秘匿」の措置がとられています。本稿でも被害児童の特定を避けるため被告を匿名で報じます。

性暴力は最低2~3週間に1回のペース。B子ちゃんは性病にも

 2019年夏に逮捕されたヤマモト被告は大阪府郊外の町で十数人の従業員を雇い、金属部品加工の工場を経営していた。

 捜査関係者が明かす。

ヤマモトシュウジ被告(仮名)

「既婚者のヤマモトは、長年、自身が経営する工場の事務をしていたA子さん(40代)を愛人として囲いながら、A子さんの目が届かないところで当時小学校3年生だったB子ちゃんに対して、数年間にわたり、わいせつ行為を繰り返していたのです。逮捕直前の2019年夏には、最低でも2~3週間に1回のペースで行為が行われていたことが捜査の結果わかっています。

 強制的な口淫や性器へ指を入れるなどするだけでなく、ヤマモトがローションやオモチャを使った後に、本番行為を強引に行おうとしたこともありました。B子ちゃんは性病にまで感染しました」

 5月26日に行われた3回目の公判ではB子ちゃんを診察した産婦人科の医師が出廷し、B子ちゃんが患った性病について証言をした。

z