文春オンライン

連載文春図書館 著者は語る

習ったはずなのに、なぜか身につかない「英文法」…東大名誉教授が実感した、英語教育の“ズレ”とは?

著者は語る 『英文法を哲学する』(佐藤良明 著)

『英文法を哲学する』(佐藤良明 著)アルク

「私が長年かけて掴めるようになった英語の感覚と、世の中で行われている英語教育が、だいぶズレていることを実感したんです」

 トマス・ピンチョンの小説『重力の虹』などを翻訳してきた東京大学名誉教授の佐藤良明さん。数年前、放送大学で英文法の授業を組んだときのことだった。

「中学の学習内容を踏まえた教材を作ったら、かなり難しいものになってしまったようで、学生の皆さんがあっぷあっぷしていた。そうか、習ったはずなのに身についていないんだ、と」

 身につかないのは、英語の教え方、ひいては言語の捉え方が根本から違っているからではないか。今の教育を動かしている人たちに「『ぎゃふん』とはいかなくても、『ぎゃ』ぐらいは言わせたい(笑)」。そう思って上梓したのが『英文法を哲学する』だ。

 群馬県高崎市出身の佐藤さんは、NHKのラジオ講座で英語の勉強を始めたという。高校生の頃、アメリカのハイスクールに1年間留学。そのとき「英語で考える」ことを強いられた。

「自転車に乗れない子供が無理やり乗せられたような毎日を送りました。自転車は漕がないと倒れてしまいます。ただ英語という乗り物は、日本語と漕ぎ方が違う。人前でスピーチをしたりして、その漕ぎ方こそが“文法”なのだという感覚を、知らず知らずのうちに身につけていました」

 本書は英語教育の変遷をたどりながら、日本語から離れ、英語の仕組みを理解した上で「乗っかる」方法を解説していく。

 たとえば、従来の「五文型」の代わりに、「do動詞の世界観」「be動詞の世界観」という2つのパターンで考えることを勧める。また、12種類と習った時制についても、新しい「二つの時制(テンス)」「三つの時相(アスペクト)」という捉え方が紹介される。

「時制は〈現在〉〈過去〉の2つ。話の内容が現在に即するのか、過去の物語なのかを区別します。時相は私の考えでは、〈完了〉〈進行〉〈未然〉の3つ。それぞれの動詞がそれぞれの位置で、どのように時間と関わっているかを表します。時制と時相に分けて考えるのは、今世紀の海外のまともな文法書では常識。でも日本の教育現場では、12種類のほうが教えやすいからなのか、まだ導入されていません」

佐藤良明さん

「生」の英語に触れていくと、日本語との性質の違いも見えてくる。

「not=ない、の位置もそうですね。英語ではおよそ主語に続く述語の頭に付いて、まず肯定否定をはっきりとさせる。日本語ではつねに文の最後に付いて、相手の顔色を窺いながらやんわり伝えることができる。事実の客観性を重視する英語と、〈対人言語〉として相手との関係性を重視する日本語の違いです」

 では、どのように勉強すれば英語が上達するのか。そう訊くと「本だけで英語と接するのを禁じること」だという。

「英語のgrammar(文法)という言葉は、rをlと読み間違えただけでglamour(魅力)という艶のある言葉になる。本来、言語とはそういう生きた世界にあるものなんです。音声には感情が込められ、意味は感情をベースにしています。だから、耳で聞いて、口を動かして、いっぱい使うことが大切です。ビートルズやビーチ・ボーイズを、浴びるように聞いたり歌ったりするのもいい。恥という感覚は日本人的な美徳かもしれませんが、恥ずかしがらずにSNS上で英語で発信するのもいいですね。本書が、その支えになってくれたら、なお嬉しいですね」

さとうよしあき/1950年生まれ。東京大学名誉教授、放送大学客員教授。専門はアメリカ文学、ポピュラー音楽。90年代、東京大学教養学部における英語教育改革を主導、全学共通のテキスト『The Universe of English』シリーズは学内外から反響を呼んだ。グレゴリー・ベイトソン、トマス・ピンチョン、ボブ・ディランなど訳書多数。

英文法を哲学する

佐藤 良明

アルク

2022年1月26日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー