文春オンライン

連載THIS WEEK

東宝、松竹が5億円提訴した「ファスト映画」 ユーチューバーが得た広告収入は約700万円

 東宝や松竹など主要映画会社13社は5月19日、「ファスト映画」をYouTubeに公開して著作権を侵害したとして、ユーチューバーの男女3人に5億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提起した。

「提訴当日、映画会社側の中島博之弁護士は記者会見で『創作の苦労をしていない人がタダ乗りで金を儲けていい訳がない』と強調しました」(司法担当記者)

 ファスト映画とは、映画を無断で10分前後の長さに切り貼りし、字幕や音声での解説を付け加えた「ネタバレ動画」のことだ。

©iStock.com

「公式の宣伝動画と違い、結末までを含む粗筋を映像付きで知ることができるため、映画を観る前の品定めや映画の話題について行くための材料として一部で人気を集めていました。しかし映像は映画会社に無断で取り込んだもの。当然、違法行為です」(同前)

 今回提訴された男女3人は、いずれも昨年6月に著作権法違反容疑で宮城県警に逮捕され、年末に有罪判決が確定していた。

「3人が運営していたのは、『ポケットシアター』というファスト映画チャンネルです。そのうち2人は、札幌市内で内縁関係にあった20代の男女。男が構成を考え、妻が動画編集を担当していました。2人がSNSで知り合った東京在住の40代の男が、サングラスで扮装して動画に出演する役割だった。もともとユーチューバーとしてゲーム実況をやっていた20代の男は『収入が増えなかった。それで流行のファスト映画に目を付けた』などと供述していました」(同前)