昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【高槻保険金殺人】高井凜容疑者(28)が署内で自殺した「朝7時」の意味とは…「警察の大失態、処分は避けられない」

genre : ニュース, 社会

「高井凜容疑者の自殺を防げなかったのは警察の大失態です。事件から逮捕まで捜査に1年も時間をかけてようやく本命の殺人容疑で再逮捕にこぎつけた直後ですからね、関係者の処分は避けられないでしょう。そもそも凜容疑者は取調べ中の雑談で『逃走を考えている』と話していて、看守が重点的に巡回する『特異被留置者』に指定されていました。しかしこうなってしまっては、一体どの程度の監視体制だったのかと疑問視せざるをえません」(社会部記者)

社会人アメフトチームのメンバーと写真におさまる高井凜容疑者

 高井凜容疑者(28)は、2021年7月に大阪府高槻市で高井直子さん(54)を殺害した容疑で再逮捕され、大阪府警福島署に勾留されていた。しかし9月1日午前7時ごろ、凜容疑者が留置施設の部屋で首をつっているのを巡回した看守が発見し、病院に搬送されるも死亡するという“大事件”が起きた。社会部記者が解説する。

「凜容疑者は7月20日に有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕されて以来、大阪府警福島署の留置施設の個室に入っていました。凜容疑者は署員が1日の午前6時44分に巡回した時には布団で横になっていましたが、その18分後の午前7時2分に巡回したところ、布のヒモを束ねたもので首を吊っているのが発見されました。発見された時点で既に意識がなく心肺停止状態で、1日の夜には死亡が確認されました」

直子さんが死亡した自宅 ©文藝春秋

 これまでの捜査で、直子さんと凜容疑者の2人が事件発生の約5カ月前に養子縁組を行い、直子さんに約1億5千万円もの生命保険をかけられていたことが判明しているが、動機などの真相解明はまさにこれからと思われた矢先の“自殺騒動”。警察の管理下での自殺というと、2012年にも兵庫県尼崎市の連続変死事件で逮捕されていた角田美代子容疑者が留置場で自殺したことが大きな話題になった。

z