文春オンライン

27歳のアーティストに全責任を負わせてはいけない…炎上した「コロンブス」MVが意図的にも見える3つのポイント

source : 提携メディア

note

人気バンドMrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)の新曲「コロンブス」のミュージックビデオが炎上。歴史上の人物コロンブスが行った人種差別的な植民地政策を想起させるとして公開停止された。エッセイストの藤井セイラさんは「対応は早く、バンドメンバーの謝罪声明も発表されたが、映像の設定を詳しく見れば見るほど、うっかりやってしまったことではなく、植民地の歴史を知る人の意図があったとしか思えない」という――。

Mrs. GREEN APPLE コカ・コーラCoke STUDIOキャンペーンソングDigital Single「コロンブス」(ユニバーサルミュージック)画像=プレスリリースより

若者に人気、通称ミセスのMV「コロンブス」が公開停止

2024年6月12日に公開された人気J-POPバンド、Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル、以下ミセス)のミュージックビデオ(以下MV)「コロンブス」が人種差別的だと問題となり、翌13日午後には公開停止の措置が取られた。

一連の出来事における問題、また改善すべき点は何か? わたしはこれは単にアーティストだけに責任を帰すべきものではなく、日本テレビと小学館による漫画『セクシー田中さん』ドラマ化の際のトラブルのように、構造的に起こるべくして起こった問題だと考えている。

ADVERTISEMENT

アーティストを取り巻くレコード会社(ユニバーサルミュージック)、所属事務所、そして実制作にあたった監督らクリエイターたちのどこにどのような責任があったのだろう。

この件について6月13日から14日にかけてわたしはX(元ツイッター)で投稿したが、いくつかのポストは表示回数が1000万回、490万回、200万回、150万回などとかなり多く、世間の関心の高さがうかがい知れた。

紅白初出場、レコード大賞受賞という成功の直後に炎上

まず、ご説明したいが、ミセスは10代、20代に人気のバンドで、いまの40代、50代の世代でいえばGLAYやミスチルのようなメジャーな存在感を持つ。今回の騒動で初めて名前を聞いた大人からすると「?」かもしれないが、2023年末には紅白歌合戦に初出場し、「ケセラセラ」で日本レコード大賞の大賞も取った、まさに人気絶頂のアーティストである。