江川 卓 インハイの秘密特訓

101人の輝ける日本人

ライフ スポーツ

「昭和の怪物」投手・江川卓(67)。2度のドラフト指名拒否など大騒動の末、読売巨人軍に入団した。プロ入り後、好敵手となったのが、広島カープの四番・山本浩二氏だった。

江川卓

 法政大学の九つ下の後輩でもありますし、一連の入団経緯から「えらい生意気なやつだな」というのが第一印象です。だから打ちのめしてやろうと思っていましたね。

 でも、いざ対戦してみたら、すごい投手でした。初速と終速が変わらず、手元でホップして伸びてくるから打ちづらい。結局1年目の打率は1割台と完敗でした。

 剛速球を投げるだけでなく、ゲームをつくれるクレバーな投手でもありました。うまく手抜きをして投げながら走者を出したらピシャリと抑え完投する。江川の1年目のオフ、歌番組か何かで共演したときに話をしたら、頭がいいやつだなと感心してね。打ちのめしてやろうと感情的になるのはやめて、ひとりの大投手だと認めようと思いました。

 引退した今だから明かせますけど、翌年のキャンプから対江川対策をしたんですよ。彼の武器は高めの球を振らすこと。打撃マシーンを通常より3メートルほど近づけて、インハイ(内角高め)の速球のストライクゾーンを見極めて打つ。ボール球は見逃して真っすぐを一球で仕留められるよう練習しました。

山本浩二

 超プロ級のカーブも投げるんだけど、打てるものなら打ってみろと直球を投げ込んでくる。常に真っ向勝負をしてくれましたね。2年目以降は対策が功を奏し、後楽園球場でカウントボール3から直球を捉えて左中間にホームランを打ちました。彼らしいなと思ったのは10球連続でインハイを投げてきたこと。11球目でようやくホームランを打ちましたよ(笑)。今まで対戦したなかで、最強のピッチャーといえば、左が江夏豊、右が江川だね。

 お互い現役を引退してから番組の企画で釣りやゴルフを一緒にしたのも楽しかった。ジョークもうまいし。そういえば、ゴルフでも負けず嫌いでね。江川という男は根っからの勝負師なんですよ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年1月号

genre : ライフ スポーツ