伊丹十三 絞られた雑巾

101人の輝ける日本人

宮本 信子 女優
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

俳優、エッセイストなどを経て映画監督となった伊丹十三(1933〜1997)は日本人論をエンタメに昇華した。全10作に出演した女優で妻の宮本信子氏が見た“伊丹流”。

伊丹十三氏

 愛車は真っ赤なロータスエラン。タバコを咥え、カシミアのロングコートにマフラーをそよがせながらドラマの現場に現れたのが、伊丹さんでした。上京したばかりの私は呆然と、別世界の人を眺めていました。結婚するとは夢にも思いませんでした。

伊丹十三氏(愛車のロータスエラン)

 伊丹さんはいつも「あなたはいい女優なのに、いい役が来ないね」と言ってくれました。私は私で、伊丹万作の子だからいつかは映画を撮ってほしいと思っていました。

宮本信子氏

 転機は、伊丹さん50歳、私が38歳の時に訪れます。父の葬式が、あまりに面白かったのです(笑)。親戚の人間模様に見入った伊丹さんは「脚本作るから、あなたも早くメモしてくれ!」。必死でメモを取り、自宅を抵当に入れて夢中で作った「お葬式」は大ヒット。嬉しかったです。たくさんの方に観て頂いたおかげで14年間、自己資金で制作を続けることができました。「自分でやらないと、作品が変わってくる」と、自立した映画作りにこだわりました。

 演出も衣装も一切妥協しません。「マルサの女」のラストシーンのハンカチも、百枚近くから主人公の板倉亮子のイメージで選んだ一枚です。

伊丹十三氏(映画「マルサの女」撮影時のツーショット、宮本信子氏提供)

 何度も共演した津川雅彦さんとは「私たちボロボロね」と笑い合いました。毎回、絞られた雑巾みたいでしたから。「スーパーの女」では、ものすごい長回しのシーンの最後、津川さんが蹴った缶の飛ぶ「位置が悪い」と、何十回も演らされて。監督の「OK!」が出ると、「のぶちゃんよかったね!」「雅彦ちゃん!」とハグして大喜びしました。

 亡くなって25年。10年の節目に松山に建てた「伊丹十三記念館」には、伊丹さんを知らない若い世代が大勢来てくれます。伊丹映画を繋げて行けたら、何よりの喜びです。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年1月号

genre : エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画