安全な食材の選び方

丸岡 守 スーパーまるおか社長
角田 光代 作家
ライフ 社会

甘いキャベツ、さわやかな漬物、無殺菌の生乳……。やっぱり「ほんもの」はおいしい!

 群馬県は高崎駅から車で20分。巨大ショッピングモール「イオン高崎」の隣で売上を伸ばし続けるのがスーパー「まるおか」だ。店のモットーは「安全でおいしいものだけを食卓に届ける」。半世紀以上にわたり小売業を続ける丸岡守社長を、小説やエッセーで食や料理を描く作家の角田光代さんが訪ねた。

スーパーまるおか社長の丸岡守氏と作家の角田光代氏 ©文藝春秋

 角田 じつは私、10年くらい前にスーパーマーケットで買い物するのをやめまして。

 丸岡 ええ! どうしてですか。

 角田 「レジ袋お持ちですか?」みたいな、マニュアル化されたやり取りが嫌になってしまって。肉は肉屋、野菜は八百屋に行っています。ところが今日ここに来て、なんだかとてもワクワクして。「まるおかさんが近所にあれば、毎日でもスーパーに行くのに」と思いました。

 丸岡 ありがとうございます。

 角田 お値段は多少高くても、お客さんはどんどん増えているんですか?

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の
全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年5000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年4月号

genre : ライフ 社会