父 小澤征爾の希望

セイジ・オザワ 松本フェスティバル30年

小澤 征良 サイトウ・キネン・オーケストラ代表・作家
エンタメ 音楽

「やる」「無理よ」と何度も派手なケンカをしました(取材・文 山本憲資)

 昨年11月、父が音楽監督を務めるサイトウ・キネン・オーケストラ(以下、SKO)が、国際宇宙ステーションに向けてクラシックの生演奏を届けました。「ONE EARTH MISSION」と名付けられたこのプロジェクトで、父は4年ぶりにタクトを振りました。

©小澤征爾/SKOxJAXA ONE EARTH MISSION

 きっかけはコロナ下のこと。ニュースは心が重たくなるものばかりで私は高齢の父が心配でなりませんでした。ある日、ひょんなことから日本上空を通過する宇宙ステーションを息子と見たのです。すごく強い光が、流れ星のように上空を進んで行きました。不安で足元しか見ていなかった自分の気持ちが、宇宙に視点が移ったことでふと楽になりました。

 それから何度も夜空を見上げるうちに、「宇宙飛行士のかたがオーケストラの演奏を聴きながら地球を眺めたらどんな気持ちになるのだろう」と妄想するようになったのです。

 ある日、宇宙飛行士の毛利衛さんに「父たちの音楽を宇宙へ届けてみたい」と思い切ってメールを送ったところ、電話がかかってきて、「宇宙にオーケストラの生音を届けるのは史上初です。初の試みが小澤征爾さんとSKOによるものだったら、こんな有意義なことはない。早速JAXAへ行きましょう」とおっしゃるのです。

 すぐに「パパ、もしそんなことができるとしたらやる?」とたずねると、「やる!」とうなずき、力強く即答。父はピュアにやりたい事には前のめりになる人です。

 子どもの頃から父を人として尊敬する理由に、父が一切差別をしないということがあります。父は「ぼくが音楽を好きだと思う気持ちと、7歳の子が音楽を好きと思う気持ちは全く同じ。音楽はあらゆる国境も言語も文化の違いも人種も超えて、人の心と心を繋ぐことができる」と強く信じています。相手の職業や年齢、性別、人種で、父の態度が変わったことを私は見たことがありません。その信念はまさしく宇宙から見た地球の姿と重なりました。地球には国境が見えないし、ひとつの生命体としてみんな実は1つである、という感覚――私がそう言うと、父はふわっとした笑顔でうなずきました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年9月号

genre : エンタメ 音楽