東芝であの男が復帰か、どうする櫻田、再エネ疑獄はまだ序章、光通信の変貌

丸の内コンフィデンシャル

ニュース 経済 企業

日本経済の中心地、東京・丸の内から、“マル秘”財界情報をくわしくお伝えする

★東芝であの男が復帰か

 9月21日、投資ファンドの日本産業パートナーズ(馬上英実社長)率いる連合体による、東芝(島田太郎社長)へのTOBが成立した。東芝は年内にも上場廃止。経営の自由を縛ってきたアクティビストは退場するが、収益力の向上などの課題は残ったまま。島田氏を支える新体制の構築が急務となる。

 この新体制人事において一定の影響力を持つのが、総額約1兆2000億円を融資する3メガバンクら5行による銀行団。そこで銀行からの役員派遣に加え、検討されているのが、柳瀬悟郎元副社長の復帰だという。

 柳瀬氏は原子力畑出身で2017年、傘下の米ウエスチングハウスが破綻した直後に原子力事業部長となる。その後、東芝エネルギーシステムズなど子会社を渡り歩き、昨年3月、本体の副社長に就任。シーメンス日本法人専務から18年に東芝に招かれ、同じタイミングで社長となった“外様”の島田氏を支えた。島田氏と共闘し、現経営陣が居残る形での非上場化に舵を切った中心人物でもある。

 だが今年2月、柳瀬氏の辞任が発表された。交際費の不適切処理が判明したためである。

「19年頃、柳瀬氏は何度も取引先を銀座のクラブで接待したが、会食相手を正確に報告していないものがあった。昨年、匿名の告発が相次いだことで、調査が始まった」(同社関係者)

 柳瀬氏本人は不適切処理を否定していたが、最終的に辞任を申し出た。では、なぜ銀行団は柳瀬氏の復帰を検討しているのか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年11月号

genre : ニュース 経済 企業