楽天の迷走人事、“体育会系”買収劇、NTT株の行方は、ツルハを巡る攻防

丸の内コンフィデンシャル

ニュース 経済 企業

日本経済の中心地、東京・丸の内から、“マル秘”財界情報をくわしくお伝えする

★楽天の迷走人事

 モバイル事業の腹心が退任――。8月上旬、楽天グループ(三木谷浩史会長兼社長)傘下の楽天モバイルが発表した人事に衝撃が走った。2018年にグループ入りし、モバイル事業立ち上げ当時から事業を牽引してきたタレック・アミン氏が共同CEOの座を突如外れたからだ。アミン氏は「世界の携帯業界にとってキーパーソン」と三木谷氏が褒め称え、三顧の礼で迎え入れた人材だった。

 後任は共同CEO兼CTOとなるインド出身のシャラッド・スリオアストーア氏。日本IBM(山口明夫社長)等を経て22年に楽天に入社した、もう一人の共同CEOの鈴木和洋氏と共に経営の舵を取る。

 アミン氏の退任理由について広報は「個人的な理由」とし、三木谷氏も「(後任の)スリオアストーアはよりオペレーションに近く、実務的にポジティブ」と語る。ただモバイル事業が巨額赤字に陥り、傘下の楽天銀行(永井啓之社長)や楽天証券ホールディングス(楠雄治社長)を株式上場させねばならぬほど、楽天グループ全体の資金繰りは危ぶまれている。それゆえ「アミン氏は火事場から逃げ出したのでは」(IT関係者)とも囁かれている。

 ここ最近の楽天モバイルのトップ人事は、事業の苦境をなぞるように迷走が続いた。22年3月には三木谷氏と同じ興銀出身の山田善久氏が社長を外れ、アミン氏がCEOに、楽天市場事業からの叩き上げである矢澤俊介氏が社長となる。ただ23年4月には、前述の鈴木氏が矢澤氏の上に就く形で共同CEOに就任。そして今回、もう一人の共同CEOのアミン氏がスリオアストーア氏に置き換わったのである。モバイル事業は外部人材の登用が多いため、生え抜きの矢澤氏に期待も集まったが、今のところ成果を出せていないのが現状だ。

 楽天グループとネット業界の双璧をなすZホールディングス(出澤剛社長CEO)も人事が活発化している。今年10月には子会社群と合併、LINEヤフーという商号の会社が誕生する。既に4月、Zホールディングスの共同CEOだった川邊健太郎氏は会長職に就いており、ヤフーの小澤隆生社長は9月末に退任する予定。LINEヤフー発足時は川邊会長、出澤社長CEOの体制になるが、この2人もトップ在任期間が長い。今後、LINE代表取締役の慎ジュンホ氏にCEOを譲る可能性もある。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年10月号

genre : ニュース 経済 企業