昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

藤沢周平さんの口癖だった「ふつうが一番」。でも、それが一番むずかしい──松たか子×遠藤展子

祝・橋田賞受賞! 一人娘が明かすドラマ原作『藤沢周平 父の周辺』とっておき秘話

藤沢周平、松本幸四郎──それぞれの父としての姿

遠藤 松さん、去年出産されて、実生活でも女の子のお母さんになられたんですよね。母親役を演じるのに、気持の上でなにか変わったことってありますか?

 もともと子供は大好きで、接する機会も多かったんですが、お芝居をするときは、あまり「子供」だから、と思わないようにしてきましたね。それは今も変わらないです。

 母親になって変わったこと、というのは、自分ではよく分からないですねぇ。

遠藤 私は息子が1人いるんですが、子供を産むと、自分の両親との距離が縮まりますよね。実家にもよく顔を出すようになるし。息子が生まれたばかりのころの父の手帳を見たら、一日おきぐらいに「展子来る」って書いてあって(笑)。そんなに行ってたつもりはなかったので、自分でびっくりしちゃいました。

 このドラマの撮影中、お父様(松本幸四郎さん)とお母様が、お子さんを見ていてくれることもあったんですって?

 ありましたね。いま1歳2ヵ月なんですが、私が実家に連れていくと、前に会ってから2、3日しかたってないのに「大きくなっちゃったねぇ」って、ずっと会ってなかったみたいに父が言うんです(笑)。

遠藤 「大人になって、子供が出来てみて、やっと親の苦労がわかる」というようなことが、父の小説、『海鳴り』(文春文庫)の中に書いてあるんですが、本当にその通りだなって。

自宅の書斎にて団扇を手にする藤沢さん。学校から帰ってきた展子さんは書斎でひとしきりおしゃべりをするのが常だったが、執筆中でも必ずずっと話を聞いてくれたという。©文藝春秋

 松さんとお父様が書かれた『父と娘の往復書簡』(文春文庫)を読みましたが、幸四郎さん、本当に早い時期から松さんに、「女優」として接していたんですね。娘と女優、両方の面をきちんと見ていらっしゃったんだなあ、と。

 わ、懐かしい本(笑)。恥ずかしいなあ。

 2006年から2年間にわたって、「オール讀物」誌上で父と文通をしたんです。芝居のこと・幼い頃のこと・家族のことなど、担当編集者の方にたくさん助けてもらいながら、なんとか毎回書きあげました。

遠藤 このなかで一番うらやましかったのが、2008年に「ラ・マンチャの男」でお父様と共演して、1ヵ月間毎日同じ舞台に立っていらっしゃった、ということ。私は父と小説について話したことはほとんどなかったので、こういう共通の話題を語り合える関係って、本当にいいなと思いました。

 ありがとうございます。うちは普段は、家族で集まると、みんな好き勝手なことをそれぞれしゃべっていて、もう全然会話にならないんですよ。母がいるから、なんとかまとまっている、という感じで(笑)。

遠藤 今回のドラマは、石井ふく子さんが「ふつうが一番」というタイトルをつけてくださったんですが、これ、父がいつも言っていた言葉なんです。家族みんなが健康で、仲よく暮らす。これって誰にでも共通していえることですよね。

 「ふつうが一番」って、簡単そうで実はすごく難しいし、奥が深い。このドラマは心があたたまる話でもあるし、一方で切ない気持にもなる。

 家族みんなで見て、いろいろなことを感じてほしいですね。

遠藤 本当に放映が楽しみです。ところで松さん、次またぜひ、父の作品の映像化に出てくれますか?

 また声をかけていただければ、ぜひ。

「ふつうが一番 -作家・藤沢周平 父の一言-」
2016年7月4日(月)よる9時放送 TBS系(全国ネット)
http://www.tbs.co.jp/futsu-gaichiban/
 

藤沢周平 父の周辺 (文春文庫)

遠藤 展子(著)

文藝春秋
2010年1月8日 発売

購入する

父と娘の往復書簡 (文春文庫)

松本 幸四郎・松 たか子(著)

文藝春秋
2011年1月 発売

購入する

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー