昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

友人や配偶者のスマホで勝手に返信したことがある人は7%…今やったら「アウト」な理由

2020/11/05

source : 提携メディア

genre : ライフ

彼のスマホを使って勝手に返信! SNSのなりすましは犯罪行為?

 コンプライアンスは時代とともに変化していきます。ちょっと前までの常識が、現在では法令違反に!

 少し前まで許されていたことが法令違反となる事例を、分かりやすく解説。

 弁護士の菊間千乃さんの著書「いまはそれアウトです!社会人のための身近なコンプライアンス入門」で、新しい常識を勉強しましょう。

 

●設例

 友人のスマホを預かっていたとき、たまたまLINEに着信が。つい「OK! わかった」と返信してしまいました。相手は、スマホの持ち主本人だと思ったようです。

やったことがある人 7%

 【不正アクセス禁止法違反で3年以下の懲役または100万円以下の罰金?】

【ロックやパスワード保護の
状態にかかわらず違法となる】

 家族や友人などのスマホ画面のLINEのポップ表示に気付いたとしても、通常はそのままにしておくと思います。

 いたずらで返信することは言語道断ですが、たとえ親切心からであっても、勝手にLINEの返信をするようなことは慎まなければなりません。

 返信する際、LINEのログインIDやパスワードを勝手に入力してログインした場合には、不正アクセス禁止法違反となります(同法2条4項1号)。

 この場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される可能性があります(同法11条)。

「返信できちゃった」はセーフ?

 では、ログインIDやパスワードを入力しなくとも、LINEを起動できてしまった、メッセージの返信もできてしまった、としたら、どうでしょうか。

 この場合、他人のパスワードなどの入力行為がないのだから、違法ではないとも考えられます。

 しかし、使用者の利便性を考慮し、スマホがパスワードやログインIDを覚えているようなときは、LINEを起動する行為やメッセージの返信が、不正アクセス禁止法違反になる可能性があります。

 ですから、どのような状態でも、他人のLINEを勝手に見たり、ましてや返信などをしてはいけません。