昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/09

人気作とリアルスポーツとの関連とは?

 他にも振り返ってみれば、競馬漫画『みどりのマキバオー』が連載されていた1997年にはサニーブライアンやマヤノトップガンら人気馬の活躍もあり、JRAが史上最高売上げとなる4兆円超えを記録しているし、相撲をテーマにした『火ノ丸相撲』が連載中だった2017年は稀勢の里が19年ぶりに日本人横綱に昇進。大相撲人気が最高潮に達した時でもあった。

90年代後半にはナリタブライアンやマヤノトップガンなどの人気馬が出現 ©文藝春秋
稀勢の里は横綱昇進後の場所で逆転優勝を果たすなど角界を盛り上げた ©文藝春秋

 そう、人気作のヒットの背景には、それと前後したリアルスポーツの隆盛もあるのである。

 だからこそ、いまその人気漫画の1丁目1番地ともいうべき『ジャンプ』からスポーツ漫画が消えたという事実は、意外にコワい現実を示唆している。

 つまり、少年少女が“憧れるスポーツ競技”はどこへいったのか?――ということだ。

 これまで述べたように、漫画の影響力というのは特に若年層には非常に大きく、ある意味でリアルの競技選手以上に少年・少女たちに“憧れ”を抱かせる。

 そして彼らはそういった“憧れ”からスタートして、競技を始めるのだ。もしいま、その原点が無くなっているとするならば、それは由々しき事態なのではないだろうか。

1994年から1998年まで連載のつの丸『みどりのマキバオー』

実は“鬼門”のスポーツ漫画というジャンル

 もちろんそこには単純な競技そのものの人気以外にもスポーツ漫画というジャンルの持つ特性もあるという。

「スポーツ漫画というのは人気作品が多いイメージがあるかもしれませんが、実は漫画編集者にとっては“鬼門”のジャンルなんです。簡単に言うと、決して売れ線の分野ではない。90年代以降だと単巻で初版100万部を超えた作品は『SLAM DUNK』と『黒子のバスケ』、『H2』しかなく、それだけハードルが高いジャンルと言えるんです。昨今出版不況が囁かれるなかで、メガヒットを出しやすいファンタジーなどのジャンルの作品に目が向きやすくなるのはしかたないことなのかもしれません」(同前)

関連記事