文春オンライン

《相模原45人殺傷事件》‟不要に思える人たちを抹殺したい” 14回の面会で見えた植松聖の‟正体”

2021/05/29

「不要」に思える人たちを抹殺したい

「でも今、ぼくと植松さんがこうやって言葉で話していますけど、本当に意思疎通できているかどうかわからないじゃないですか」

「そんなことをいい出すと、もう話がかみ合わない。そういう問題はなしにしたい。というか、安楽死に賛成反対っていうのは、海外ではもう終わった議論ですよ。いつまでその話をしてるのかなと思う」。そういって対話を断ち切ろうとする。

 私は、植松の主張が、端的にいって2つの点で間違っていると考えている。

ADVERTISEMENT

 一つは「安楽死」という言葉を誤解して使っている点だ。現在、オランダやスイスなど、いくつかの国で安楽死が容認されているが、いずれの国でも、安楽死は本人の明確な意思に基づいて行われるもので、植松のいうように「意思疎通のとれない人」を一律に、一方的に「安楽死させる」ことなどできない。

©iStock.com

 ところが植松にいわせると、それはできるし、「オランダとかでも家族の意思決定で安楽死させてますからね」という。それは一体いかなる事例なのか教えてほしいと私がいい、しばしば激論になるが、途中から彼はイライラして聞く耳を持たなくなる。あくまで植松は、自分にとって「不要」に思える人たちを抹殺したいという強固な思いが先にあり、それを「安楽死」の法制化によって実現できると信じているらしい。

 もう一つの間違いは、植松のいう「心失者」が、本当に日本の財政を圧迫し、不幸をばらまく根源であるかどうか、という点だ。

 これも現実の数字をあたれば明らかだが、年間の障害福祉予算は、国の一般会計の1%台に過ぎず、植松のいう「意思疎通のとれない障害者」に限定すれば、さらにその何10分の1以下ということになり、それが日本の財政の足を引っ張っているとは到底思えない。

続きを読む 「認知症の老人を放っておくから車が暴走して子どもが死んだりする」 相模原19人殺害の植松聖が勤めた「やまゆり園」の‟実態”

《相模原45人殺傷事件》‟不要に思える人たちを抹殺したい” 14回の面会で見えた植松聖の‟正体”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事