昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/08/14

「洗濯は楽しい!」知らずに過ごすのはもったいない

――洗濯は「洗う、干す、取り込む、畳む」と工程が多くて面倒だから嫌い、という意見も聞きます。でもやらないとたまるので、仕方なくやっているという方も多いのでは?

茂木 おっしゃる通りです。洗濯って義務的にやっている方がすごく多いんです。そして「汚れが落ちない」「生乾きのニオイが臭い」など、不満を抱えている方もたくさんいます。でもこれって、そもそもの洗濯方法が間違っているからなんですよ。本当は洗濯ってすごく楽しいし、その楽しさを知らずに人生過ごすのはあまりにもったいないと思います。

父がクリーニング店のコンサルをしていたという茂木貴史さん。

――洗濯は洗濯機に入れてスタートボタンを押すだけですよね。「洗濯が間違っている」というのはどういうことですか?

茂木 そもそも「洗濯機に入れてスタートボタンを押すことが洗濯だ」という考え自体が間違いです(笑)。

 洗濯というと、洗濯機の中に衣類を入れて、あとは全自動でおまかせという方が多いと思うんですが、実はそれだけでは衣類はきれいにならないんです。洗濯機に入れる前の「準備」と、洗濯機の使い方、洗い終えたあとの乾燥・仕上げのコツを覚えるだけで、驚くほど簡単に衣類がきれいになります。とくに洗濯機に入れる前の「準備」は、効果的に汚れを落とすのにすごく大事なんですが、これを教えてくれる人はほとんどいないので、みなさんご存じないですよね。

先にクリーニング店を始めたのは弟、先にサーフィンを始めたのは兄の茂木さん。

おすすめの技は「プレウォッシュ」

――洗濯に「コツ」があるんですか?

茂木 料理と同じで、洗濯においては「ひと手間ですごく変わる」ということが、多々あります。

 洗濯機に入れる前の「ひと手間」として僕たちがおすすめしている技に「プレウォッシュ」があります。実は洗濯機だけで落ちる汚れというのは限られていて、とくに目に見える食べこぼしや皮脂汚れなどは、洗濯機任せではなかなか落ちないんです。それが、洗濯前の15分をプレウォッシュに使っていただくだけで圧倒的に汚れが落ちます。つまり、このひと手間がすごく大事、ということなんです。

――「プレウォッシュ」とはどのようなものですか?

茂木 プレウォッシュは文字通り、洗濯機で洗う前の「前処理」「予洗い」のことです。プレウォッシュ液は、市販のスプレー容器などに弱アルカリ性の洗濯用液体洗剤と水を1対1で混ぜるだけで、自宅で簡単に作ることができます。食べこぼしやシャツの衿や袖など、汚れが目立つところにこのプレウォッシュ液を吹き付けて、15分間放置しておくだけで汚れが落ちやすくなります。

z