文春オンライン

――2020年3月、志村けんさんが亡くなったこともショックだったようです。

 志村さんがいなくなって、竜ちゃんがそのことで寂しく感じていたことは確かだと思います。コロナ禍になって…、飲みに行くなんてこともできなくなっちゃったし。そこからは、全部のタイミングが悪い方へ悪い方へ行っちゃったね…。

有吉弘行ら竜兵会のメンバーと

赤いタキシードと赤い蝶ネクタイ姿で眠っていた

――それでも、これから俳優として活躍しようというところでした。

 そうそう。キャラクターがすごくいいので。あの人の代わりの役はなかなかできないですよね。もったいないね。竜ちゃん、元気だったら一緒にYouTubeでコラボでもしてくれたらよかったんだけど。あっけないね、人間って…。肉体は普通にあるのに。なんかもう…、「バカ―!」って言いました。泣けてくるよね、ほんとに惜しい。あんなに情けないかわいらしい顔で、ギャグがいっぱいあって。子供たちまでマネができるギャグを持ってる人なんて、そうそういないですよね。

ダチョウ倶楽部 ©共同通信社

――5月14日の葬儀には…?

 時間が合わなかったので本葬は出られませんでしたけど、その1時間前に会いに行ったんです。田舎から出てきた竜ちゃんのお母さんにもご挨拶させていただいて…。竜ちゃんは棺桶の中で、赤いタキシードで、赤い蝶ネクタイしていました。今にも起きてくるんじゃないかというくらい血色が良くて、可愛らしい顔で眠っていました。「竜ちゃん、竜ちゃん」って呼んでみたけれど、やっぱり死んでいた。マジメだからね、竜ちゃん。コロナになってから、どこにも飲みに行ってなかったと思うんですよ。志村さんもいないしね。だからまっすぐ仕事から帰ってきて、一人で家で飲んでたのかなって。私の思う死因は飲み過ぎ(笑)。自分が死んだことも気付いていないんじゃないですか。今頃、あー、やっちゃったって慌ててますよ。そんな、おっちょこちょいなんですよ……竜ちゃんは。