昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【殺人容疑で再逮捕】「左の舌骨が折れるほど強い圧力が加えられた…」《茨城23歳監禁死事件》被害者はなぜ危険な「SNSモデル」になったのか

茨城23歳女性監禁事件 #3

genre : ニュース, 社会

 今年の6月、茨城県常陸太田市の林道で女性の遺体が見つかった事件に関し、死体遺棄容疑で起訴されている三瓶博幸被告(34)が、9月9日に再逮捕された。被害者新野りなさんを同市内の別荘にて監禁したのち、死に至らしめたとの疑いが強まったという。

 SNSを通じ“モデル”として活動していた被害者と、三瓶被告の暗い衝動はどのようにして出会い、最悪の結末へと至ったのか。謎多き経緯を詳述した、事件発覚当時の記事を再公開する。(初出:2022年6月19日、年齢肩書は当時のまま)

◆◆◆

 6月5日に茨城県常陸太田市の別荘で東京都文京区に住む新野りなさん(23)に手錠をつけて監禁したとして、警視庁捜査1課に逮捕された神奈川県南足柄市の会社員・三瓶博幸容疑者(33)。

 その後、別荘からそう遠く離れていない林道の下で木にひっかかったような状態で、新野さんの遺体は見つかった。衣服は着用しておらず、目立った外傷はなかった。

監禁現場とされる三瓶容疑者の別荘 ©文藝春秋

 6月21日には、警視庁捜査1課が新野さんの遺体の司法解剖の結果を公表した。

「直接の死因はまだわかっていませんが、左の舌骨が折れていました。舌の根元で喉のあたりの骨なので、例えば何らかの手段で、首に強い圧力を加えられたりしたら折れます。『目立った外傷はない』と当初警視庁は発表していますので、まだはっきりとは分からないですね」(大手紙社会部記者) 

逮捕された三瓶容疑者 NNNより

 同記者によると、三瓶容疑者は黙秘に転じたというが、逮捕当初「手錠をつけた監禁は合意の上だった」などと容疑を否認し、「(新野さんの)行方は知らない」などと供述している。また「今年の2~3月に初めて会い(事件があった)6月5日は2回目だった」とも話している。

高校卒業後の三瓶容疑者 読者提供
高校卒業後の三瓶容疑者 読者提供

三瓶容疑者と被害者との接点は…?

 新野さんは「SNSモデル」として、ネット上で知り合った顧客から金銭を受け取り、写真や動画の撮影に応じる活動を行っていた。三瓶容疑者ともSNSを通じて知り合っている。別荘という密室で、10歳も年の離れた2人の間で何が行われていたのだろうか。

 知人らによると、新野さんは東京都内で幼少期を過ごした。当時の住まいの近隣に住む高齢女性が振り返る。

「少し背が低くて、お人形さんみたいな顔をした可愛い子でしたよ。目がぱっちりとしていてね。お姉さんがいるんですが、姉妹揃って“いいところのお嬢さん”という上品な感じでした。お父さんは眼鏡をかけて、休日でもスーツを着て出勤していて、お母さんはこの辺では目立つくらいのモデルのようにスラっとした方です。

z