お天気ハンターになるまで

巻頭随筆

森 さやか 気象予報士
ビジネス 働き方 ライフスタイル
森さやか氏 ©文藝春秋

 ふんだり蹴ったりの旅路でも、終わりよければすべてよし、やがて良き思い出に変わることもある。

 中東のアブダビを旅したときのこと、強烈な日差しに私の皮ふは参ってしまって、やけどで顔が腫れあがってしまった。そこへ持ってきて、ラクダをなでた手でご飯を食べてしまったから、激しい腹痛に襲われた。ホテルで悶えながら、やっとの思いでスーツケースから1錠の下痢止めを見つけ、かすかな期待を寄せて飲んだわけなのだが、相手はラクダ菌、とうてい太刀打ちできるわけもなく、その後トイレに駆け込む日々が続いた。

 顔は引きつり、お腹は下るさんざんな旅だったが、やがて顔の皮ふはむけてツルツルになり、体重は5キロ減って、体もスッキリした。意図せず体が浄化され、総じてなかなかいい旅だったと今は記憶している。

 私の人生もそんな様なものである。大学生のとき、外交官になろうと決心した。当時私は免疫の病を患い、薬のせいで顔が満月のように丸々としていた。人前に出るのも恥ずかしかったから、勉強に励むほかなく、おかげで筆記試験は通ることができた。

 しかし私の生まれた南米アルゼンチンは国籍を捨てられない国であることが分かり、結局、二重国籍で夢を断念せざるを得なくなった。

 私は行き詰まると海外に行くクセがある。空を見上げると、自分の悩みのちっぽけさを感じることがあるように、外国に行くと、視野が広がり前向きになれることがある。だからその時も「霞が関がダメなら、ワシントンだ!」と思い立ち、すがる思いでアメリカを訪れた。そこで目にしたテレビに映る気象キャスターに心が奪われた。中学生のとき私は気象予報士に憧れ、その心意気は真剣そのものだったのだが、ギリシャ文字だらけの数式に頭を抱え、途中で止めてしまった思い出がある。その女性キャスターを見たとき、ふと「このまま諦めたら、棺の中でも後悔する」という思いが込み上げてきた。

 いま私はNHKの国際放送で、世界の天気を英語で伝える気象キャスターをしている。もう12年目になったが、好きな天気と英語に囲まれて、毎日楽しくて仕方がない。紆余曲折あったが結果オーライと、今は振り返ることができる。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の
全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年5000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2022年12月号

genre : ビジネス 働き方 ライフスタイル