糖尿病特効薬マンジャロの真実

牧田 善二 糖尿病専門医、AGE牧田クリニック院長
ライフ サイエンス 医療

驚くべき減量効果。本当に副作用はないのか

 私は長年、糖尿病の治療にあたっていますが、正直ここまで効果のある薬が登場するとは思っていませんでした。日本では販売から半年ほどしか経っていませんが、これから、この薬を希望する患者が増えるでしょう。

マンジャロ ©文藝春秋

 特に、ご飯、パン、麺類など糖質を食べるのを止められず、痩せられない「糖質中毒」の糖尿病患者にとって“福音”かもしれません。というのも、この薬を飲むと劇的に痩せるからです。すでにアメリカでは、肥満の治療薬としても承認されています。近い将来、糖尿病以外の治療にも使われ、社会生活にも広く影響を与えることが予想されます。

 こう語るのは、AGE牧田クリニック院長で糖尿病専門医の牧田善二氏。これまでに延べ20万人以上の糖尿病患者を診てきた牧田氏の言う「この薬」とは、「マンジャロ(一般名:チルゼパチド)」。米製薬大手のイーライリリー・アンド・カンパニーが開発した、「GIP/GLP–1受容体作動薬」と呼ばれる糖尿病治療薬だ。

 日本では2023年4月に販売が開始されたばかり。糖尿病の治療薬は、同種も含めて、これまでも多数開発されているが、なぜ社会生活に影響を及ぼすとまでいうのか。

 マンジャロについて解説する前に、糖尿病という病気と、これまでの治療薬について説明しましょう。

 糖尿病は、1型と2型の大きく2つのタイプに分けられます。1型はウイルスなどが原因で発症し、血糖値を一定に保つ働きを持つホルモン「インスリン」が全く分泌されなくなってしまう病気です。

 一方の2型糖尿病は、遺伝的な要因に運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣が加わって発症すると考えられ、糖尿病患者の実に90%以上が2型糖尿病です。2型の場合、インスリンは分泌されますが、通常よりも分泌量が少なかったり、本来分泌されるべきタイミングに分泌されなかったりする。そのため血糖値を抑えることができず、食後の高血糖状態が続いてしまうのです。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2024年1月号

genre : ライフ サイエンス 医療