昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

東京都デザインマンホールめぐりのフィナーレは全31枚「密集地帯」の小平市・東大和市

マンホーラーの巡礼――多摩編 #3

2020/04/22

 最後は多摩地区の小平市と東大和市。東京都デザインマンホールめぐりのフィナーレを飾る2市だが、どちらも個性的なマンホール蓋が多かった上、合わせて17種類31枚という「密集地帯」だった。

※4月20日現在、新型コロナウイルスの影響でスタンプラリー、マンホールカードは中止となっています。再開予定はどちらも未定ですが、いずれマンホールめぐりができるようになる日のために情報として記しておきます。

小平市――鋳物のもつ生命力のようなもの

 小平市に練習グラウンドがあるJリーグ・FC東京のチームマスコット「東京ドロンパ」が新デザインマンホール蓋になった。東京ドロンパは、かわいいバージョンとキリッとした2つのバージョンがある。蓋の種類は5種類。2枚作ったものもあるので、合計7枚が路上に設置されている。

小平市 東京都ドロンパ・ぶるべー蓋(スタンプラリー対象)
住所:東京都小平市小川町2-1333 小平市役所前 歩道

 東京ドロンパは、駅の要所や飲食店内などに掲示されていたりする。全国的な社会認知度は高くないかもしれないが、愛されている雰囲気をとても感じた。

 東京ドロンパと、もう1人別のキャラクターがいる。「ぶるべー」というブルーベリーのキャラクターだ。小平市のシンボルキャラクターだ。サッカーボールが動的にゆがんでいる。マンガ的な表現だ。ずっしりとした鋳物の存在感とデザインの躍動感が見どころだ。重さと軽さが同居している。

小平市 東京都ドロンパ蓋1
住所:東京都小平市美園町1-34 小平駅南口駅前 東京ドロンパ、ぶるべーモニュメントの前
(ほか1枚あり) 住所:東京都小平市美園町1-8 ルネ小平丸ポスト前

 東京ドロンパのキャラクターのもつかわいさと鋳物のもつ重厚感で、えも言われぬ安心感が生まれている。さらに生々しい。鋳物のもつ艶めかしさのようなものが発露している。不思議な蓋だ。キャラクターの外側に鋳物の凸と白色のカラー樹脂で縁取りがある。このあたりに秘密があるのかもしれない。

鋳物の曲線に重低音のようなリズムを感じる

小平市 ドロンパ蓋1

 小平駅南口駅前の東京ドロンパ、ぶるべーモニュメントの前に設置されている。さぞかし小平市では東京ドロンパは人気のキャラクターなのだろう。

小平市 東京ドロンパ蓋2(スタンプラリー対象)
住所:東京都小平市花小金井1-1-13 花小金井駅前 交番前
(ほか1枚あり) 住所:東京都小平市大沼町3-14-1 FC東京グラウンド掲示板前

 さきほどの東京ドロンパはかわいいバージョンだったが、こっちはキリッとしている。シャープさと鋳物の重厚感とのハーモニーもまた良いものだ。重く硬い鋳物の曲線に重低音のようなリズムを感じる。こちらも生々しいが、鋳物のもつ生命力のようなものが発露している。

 

 カラー樹脂になにかを添加したように見える。ツヤなしの不思議な特徴がある。ザラザラとまでは言わないが、ザラリとしている。一般的によく使われるのは、カラーエポキシ樹脂というものだが、これはちょっと違う気がする。なにか樹脂に添加しているか、異なる素材を使っている。粘度と乾燥速度の問題があったのか、カラー樹脂が均一な平面になっていない。意図したものなのか、そうでないのかは分からないが気になる。

 

 凸の縁に引っ張られていてカラー部分が均一になっていない。手作りの味がでている。

 

 横から見ると少し浮いている。枠にピッタリはまっていない。施工の時に適当に入れてしまったようだ。もしくは枠と蓋が合致していない不良品か。この点は少し残念だ。