昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/25

競馬界は人と人との関係が希薄になった

 最後に、あるベテラン廐務員から聞いた話を書こう。「昔に比べ、今の競馬界は人と人との関係が希薄だよね。一部の大手クラブと有力馬主の方針に従うのは、強い馬を管理したいという市場原理から理解できるが、一度負けたぐらいですぐに乗り替えでは、若いあんちゃんが育たないよ」

©iStock.com

 30年前に250人弱存在した騎手も、今は140人。若くして引退する騎手も多い。「エージェント制度の定着により、有力馬主の言うことを聞くヤネ(騎手)が率先して乗っけてもらえる。昔は騎手が廐舎回りをして、テキ(調教師)や俺たちと関係性ができていたのに、そうした関係性も希薄になった。騎乗技術のあるヤネの騎乗数が減っている気もする」と、この廐務員は続けた。

 翻って師匠と弟子の徒弟制度も希薄になった。もちろん今のシステムが悪いとは思わないし批判するつもりもないが、岩元師のように、馬主に啖呵を切ってまで弟子を優先する「昔気質の調教師」の存在は、長い目で騎手を育ててくれる気がする。

 若い頃は大嫌いだった頑固おやじが、妙に懐かしく感じる今日この頃である。

【続きを読む】実は手がかからない? “名馬”であり“迷馬”でもあったゴールドシップが若駒時にみせていた知られざる“本性”

アイドルホース列伝 1970-2021 (星海社新書)

小川 隆行 ,小川 隆行 ,一瀬 恵菜 ,鴨井 喜徳 ,久保木 正則 ,後藤 豊 ,所 誠 ,榊 俊介 ,広中 克生 ,福嶌 弘 ,三木 俊幸 ,宮崎 あけみ ,吉川 良 ,和田 章郎

星海社

2021年6月25日 発売

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー