昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

換気扇、トイレ、スピーカー…《隣人トラブル定番の「音」問題》すぐに出来る対策は?

source : 提携メディア

genre : ニュース

集合住宅では足音などの「固体音」がトラブルの元! すぐにできる防音&隣人の気になる音対策を聞いた

 

6月特集は「隣人ディスタンス」。ドアの開閉音や洗濯機の運転音…生活で発生するさまざまな音は隣近所との距離が近い、集合住宅だと特に悩ましい問題だ。

こうした音の伝わり方には、2つの種類があるのをご存じだろうか。「空気伝播音」(空気音)「固体伝播音」(固体音)に分けられ、対策のしやすさも変わってくるという。

そこにはどんな違いががあるのだろうか。防音対策の専門企業「ピアリビング」(福岡県宗像市)に、音の違いや手軽にできる防音対策などを伺った。

力や振動が伝わる「固体音」は問題になりやすい

ーー日常生活での主な騒音を教えて。

日常生活で聞こえる音の大きさは、夜間の静かな状態で30~40db(デシベル)、昼間で40db~50dbです。これ以上は騒音と感じることが多く、実際だと、お子様の走る音(約50~65dB)、楽器の演奏(約80~100dB)、自動車のエンジン音(約70~80dB)に悩む人が多いです。

話し声(約50dB~60dB)、ドアの開閉音(約60dB)、テレビの音量(約60dB)、ペットの鳴き声(約90dB)、ステレオの音(約80dB~100dB)も騒音となります。※数値は目安

主な音の騒音レベル(提供:ピアリビング)

ーー空気音と固体音はどう違う?

空気音は振動が空気を伝わり、聞こえる音のことです。話し声、赤ちゃんの泣き声、テレビ・ステレオの音、ペットの鳴き声、楽器の音などが該当します。建物の開口部や窓、薄い壁や床など遮音性が低いところで伝わりやすいですが、空気の振動を遮ったりすることで軽減できます。

固体音は力や振動が壁や床などの固体を伝わり、聞こえる音のことです。足音、床にものを落とす音、椅子を引く音、扉を閉める音、掃除機や洗濯機の音などが該当します。こちらは建物にいったん伝わると軽減させるのが難しく、離れた住戸の空間まで聞こえてしまいます。
※集合住宅では、建物の躯体がつながっているのでより注意が必要