昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈芸能活動再開〉新たに不倫、妊娠中絶「告発」 天竺鼠・瀬下豊が「芸人やめます」

 6月21日、お笑いコンビ「天竺鼠」の瀬下豊(42)が都内で開催されたお笑いライブ「かま天マーケット」に出演。ライブ冒頭で「このたびは、一部メディア報道に関しまして、関係者各位、そしてファンの皆さまに多大なるご迷惑をおかけしたこと、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し、芸能活動を再開した。

 いったい、一部メディア報道とはいかなるものだったのか。当時の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2022年4月21日掲載 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

週刊文春」が、妻子ある瀬下の、20代半ばの女性・A子さんとの不倫を報じたのは3月31日号。瀬下は同号の発売日である3月24日にTwitterを更新。妻に「ノーチャンスやから次はないからね」と叱られたと明かしていた。

天竺鼠・瀬下豊

 だが一方で、週刊文春には記事を読んだ女性たちからの告発が相次いでおり、その中でも不倫の末、妊娠中絶に至ったケースがあることがわかった。

 鹿児島県在住のB子さんは、瀬下との不倫関係の末、15年に妊娠。だがそれを瀬下に告げると、瀬下は、

「堕ろしてくれ。育てる金がない。俺に家族がいるのを知って不倫したお前も悪い。嫁がお前を訴えて負債を抱えることになる」

 などと言い、妊娠中絶を求めた。最終的に中絶を決心したB子さんだが、立ち会うはずの瀬下は仕事を理由に現れず、後日、B子さんの口座に手術費10万円を送金したのみだったという。B子さんはその後、心身に不調をきたしている。

瀬下とB子さん

 また、12年から不倫関係にあった大阪府在住のC子さんは、瀬下との暴力的な性交などの末、恐怖を感じ、「結婚して北海道に移住した」として縁を切った。

C子さんの背中のあざ
z