昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《無期懲役判決》「ふるえが止まりません。恐いですね…」九州3児殺害・子殺しの父が“ヤクザ牧師”に送った「懺悔の手紙」

genre : ニュース, 社会

 男は車椅子に座り時折姿勢を変えながら、静かに耳を傾け続けた。

 2021年2月、福岡、鹿児島両県で養子の大翔(ひろと)くん(当時9)を暴行の末に死亡させた傷害致死罪と、心中するために実子である蓮翔(れんと)くん(当時3)と姫奈(ひな)ちゃん(当時2)を絞殺した殺人罪で起訴された父親の田中涼二被告(43)の判決公判が2022年10月11日、福岡地裁であった。武林仁美裁判長は「大翔くんに1カ月以上長期間の暴行を加え、衰弱しても執拗に暴行を繰り返した。蓮翔くんにもナイフを4.9センチも刺した後に首を絞め非常に残酷だ。短い生涯を奪われた無念は計り知れない」として検察の求刑通り無期懲役を言い渡した。

田中被告(「FNNプライムオンライン」2021年5月6日配信より)

 改めて事件について振り返ると、田中被告は2020年12月に元妻A子さんと離婚。3児を引き取り1人で面倒を見ていたが、育児のストレスから大翔くんに対して、殴る蹴るなどの暴行を加えるようになった。そして翌年2月、自動車内での暴行後に大翔くんが死亡した。思い詰めた田中被告は実子2人と心中しようとして2人を絞殺し、自らは宿泊していたホテルに警察が訪れた際に4階から飛び降りて自殺を図ったが、死にきれなかった。その後、逮捕され、事件から1年半以上経た現在はクリスチャンになり「生きて子供たちに償いたい」と福岡拘置所で面会した記者に心境を明らかにしていた(インタビュー記事 #7#8#9#10#11#12を読む)。

下半身を骨折した田中被告 ©共同通信社

“何よりもかけがえのないものだった”3児の死はすべて田中被告による犯行と認定

 9月20日に始まった裁判で、田中被告は、蓮翔くん、姫奈ちゃんを殺害したことについては「身勝手だった」と認め、大翔くんに対する暴行も認めた。しかし大翔くんの死については「私の暴行で死んだのかは分からない」と一部否認した。弁護側は「肺炎の症状もあった」と説明したが、武林裁判長は検察側の法医学者の知見に軍配を上げ、3児の死はすべて田中被告によるものだと認定された。

田中被告が殺害した蓮翔くんと姫奈ちゃん(「FNNプライムオンライン」2021年5月6日配信より)

「自分にとって3人の子供は何よりもかけがえのないものだった」

 面会する記者にこう発言した田中被告は本心だったのか、それとも偽りの思いだったのか。最悪の結末となってしまったA子さんと築いた家庭はどのようなものだったのか。法廷での関係者らの証言をもとに紐解いてみる。