昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

カンフー映画好きにとって至福の瞬間も…香港を代表する名匠たちが7つの物語で魅せるバトンリレー 「七人樂隊」を採点!

シネマチャート

〈解説〉

 香港映画界を長年にわたって牽引してきた7人の監督が、ジョニー・トー監督の呼びかけのもとに集結したオムニバス映画。1950年代から未来まで、10年ずつ年代を分けて担当した7本の短編は、全て香港を題材とし、35ミリフィルムで撮影されている。

 50年代を舞台にした「稽古」は、カンフー映画の巨匠サモ・ハン監督が戯劇学校時代のエピソードを紡ぐ。アン・ホイ監督の「校長先生」は、60年代の小学校を舞台に教師と生徒たちの絆を描く。ほかに、香港ニューウェイブの旗手パトリック・タム、『マトリックス』のアクション監督を務めたユエン・ウーピン、アクション・ノワールの巨匠ジョニー・トー、これが遺作となったリンゴ・ラム、“香港のスピルバーグ”の異名を持つツイ・ハーク。フランシス・ン、サイモン・ヤム、ラム・シュらベテラン俳優たちも多数参加。111分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆7人の監督による7編の映画。それぞれ短編になるわけだが、ラストの「深い会話」が面白く、好み。他はやや物足りず。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆オムニバスというよりコースで供される7皿の料理。皿と皿とが響き合い、哀惜だけには留まらぬ流れをもたらしている。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆7つの面白さがギュッと詰まって気分転換にはもってこい。監督たちの趣味か、どのヒロインも美しいだけなのが玉に瑕。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆郷土に贈る名匠たちのバトンリレーで、質の高い短篇が並ぶ。香港映画の多様性を巡るガイドツアーの趣もあり楽しい。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆袁和平(ユェン・ウーピン)監督と元華(ユン・ワー)の部分は香港カンフー映画好きにとって至福の瞬間。糖衣的甘さあれど香港映画史に敬意と愛情を捧ぐ。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
  •  
©2021 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved

『七人樂隊』(香港)
新宿武蔵野館ほか全国順次公開中
https://septet-movie.musashino-k.jp/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー