昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《芸能界復帰》春香クリスティーン(30)が語る“空白の4年7カ月”の休業期間「沖縄の陶芸工房でバイト、コールセンターで派遣社員…」

 11月6日(日)放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系列)で約4年7カ月ぶりに芸能界に復帰したタレントの春香クリスティーン(30)。「日英独仏の言葉を操るマルチリンガル」「選挙と政治が大好き」「片付けが苦手で汚部屋に住んでいる」などユニークなキャラクターでブレイクしたが、2018年3月末に芸能活動を休止。同年12月には結婚が報じられ、表舞台から姿を消していた。

 なぜ芸能界に復帰したのか。休業していた4年7カ月の間、どう過ごしていたのか。「週刊文春」の取材に、春香クリスティーンが語った。(全2回中の第1回/第2回に続く)

11月6日(日)放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系列)で約4年7カ月ぶりに芸能界に復帰したタレントの春香クリスティーン(30)さん

◆◆◆

休業を決断した理由「明確に“溝”みたいなものを感じた」

——芸能界に復帰しようと思った理由を教えてもらえますか。

春香クリスティーン(以下、クリス) 2018年に休業してから、芸能界とは別の世界を見てきました。その時に改めて自分はエンターテイメントの世界が好きなんだ、という強い想いを抱いていることを認識したのです。今後もエンターテイメントの世界に携わる仕事がしたい。でも自分にできることは限られている。なので、まずは自分がこれまでやってきた仕事であるタレント業にもう一度チャレンジすることから始めようと思い、前のマネージャーさんとも相談した上で、決めました。

——全盛期はレギュラー番組が10本もありました。そんな最中の2018年に突然芸能活動を休業しようと思ったのはなぜなのか。当時の心境を教えてください。

クリス お仕事を沢山いただいていたことはありがたいと思っていました。ただ、忙しすぎて、1つ1つのお仕事を大事にできていないような気がしていたんです。それが本当に申し訳なかった。アウトプットが多くなりすぎてインプットができていないことも悩みの1つでした。

 私は芸能活動と並行しながら上智大学に通っていたんですが、級友の存在にも影響を受けました。結局、私は大学を中退して芸能活動に集中しました。でも、友人たちは皆、大学を卒業して、企業に入り、社会人になっていった。知らない世界を開拓して遠くに行ってしまった気がしたんです。私はもちろん一生懸命仕事をしていたけれど、代わり映えのしない「同じ日々を過ごしている」気がした。私だけが子供のまま取り残されてしまった。明確に“溝”みたいなものを感じたんですよね。

 

 芸能界は特殊な世界です。そこにいる私には社会常識もない。「このままじゃまずい」と思って、一度、この世界を飛び出してみよう、と思ったんです。

すぐにカナダへ留学「単なる語学留学にはしたくなかった」

――休業後は、まず何をしたんでしょう。