文春オンライン
《写真多数》精巧すぎるナゾの「150分の1スケール渋谷」…異常なクオリティのジオラマが“意外と普通のPCとプリンタ”から生み出される秘密

《写真多数》精巧すぎるナゾの「150分の1スケール渋谷」…異常なクオリティのジオラマが“意外と普通のPCとプリンタ”から生み出される秘密

note

「プラモデルって、組み立てる順序が決まっているのがつらいんですよね。それよりも、一から自分で作れる都市ジオラマのほうが、喜びが大きかったです」

 大学で建築を学んだこともジオラマ製作の助けになったという。卒業後は東京のミニチュア・テーマパークに就職するも、プライベートで始めたジオラマ製作のYouTubeが話題になり、帰郷し独立。現在ではプロモデラーとして活動するかたわら、自ら設計し3Dプリンタで出力したパーツの販売も手掛けている。

その精巧さが絶大な支持を受けている(?)という、オリジナルの室外機

「この室外機のほか、ゴミ袋や酒瓶のケースといった、超小型でマニアックな部品を扱っています。大手メーカーからは出ないタイプの製品だからか、これが意外と買ってもらえるんですよ(笑)」

ADVERTISEMENT

パソコン、プリンタ…“意外と普通”な機材でなぜここまでの作品が出来るのか

 ソーラーカーの部品を作るために用意したレーザーカッターは、模型作りにも役立った。パソコンからデータを送ることで、設計図通りピッタリと厚紙を切り抜くことができる機械で、値段は20万円ほど。ほとんどの建物は、このレーザーカッターで切り出した部品同士を接着して構成している。

元はソーラーカーの部品加工用だったというレーザーカッター。ジオラマ作りの主役に躍り出た

 レーザーカッターと並んで活躍しているのが3Dプリンタで、こちらは「光造形式」という低コストの機材。エアコンの室外機や道路のガードレールといった部品を高い精度で作れるのは、この3Dプリンタのおかげである。

意外とコンパクトな3Dプリンタ。大きなものを作るのには向かないが、スケールモデルの部品作りは大得意だ

 紙への印刷を多用するのもMAJIRI流だ。看板の文字が現実世界同様のクオリティで描かれていることが、模型としてのリアリティを高めている。

「看板などはインクジェットプリンタで印刷し、建物に貼り付けています。家電量販店で買えるような、普通のプリンタですよ。印刷物などは、実物を縮小コピーして使うこともあります」

看板や標識のクオリティは手を抜けないところだが、それにしても精巧すぎるクオリティ

 設計には「Fusion 360」という3D CADソフトを使っており、個人やスタートアップ企業なら無料ライセンスで利用できる。肝心のパソコンも、3D CADのソフトを動かすだけのスペックはあるとはいえ、「ゲーミングPCより性能が低い」(MAJIRI氏)という、いわば普通のWindowsマシンである。

WindowsパソコンとCADソフトを使い、まずは設計図を作成する。これを元に部品を作り、ジオラマを組み立てていく(こちらは浜松町の設計図)

 さすがにレーザーカッターは馴染みが薄いものの、3Dプリンタは数万円で買えるし、あとはインクジェットプリンタ、Windowsパソコンと無料ソフト……。こうして種明かしをしていくと、「誰でも始められる」のかと思ってしまうが……。