金融の透明性を高めることを目指す仮想通貨ネットワークの創設者 クリス・ラーセン(リップル共同創業者)

世界経済の革命児 第60回

大西 康之 ジャーナリスト
ビジネス 企業 テクノロジー
ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、クリス・ラーセン(Chris Larsen、リップル共同創業者)です。
世界経済の革命児(クレジット:twitter@chrislarsensfより)
 
クリス・ラーセン
twitter@chrislarsensfより

「次世代のグローバル金融システムを構築する競争において、米国は中国に大きく後れを取っている」

 米国の危機について警鐘を鳴らし続けている男がいる。仮想通貨「XRP(通称リップル)」の発行元であり、インターネットを介した国際決済・送金ネットワークの開発を手がけるリップルラボの共同創設者兼会長、クリス・ラーセンだ。

 ブロックチェーンや仮想通貨をめぐる「米中の技術冷戦」において、中国政府は明確な規制環境を提供しており、インフラの構築、ビッグデータやAIなどの新興技術のイノベーションの促進で、米国を上回っている、というのがラーセンの主張だ。

 2020年10月6日、米国のロサンゼルスで開かれたLAブロックチェーンサミットで、ラーセンはここまで踏み込んだ。

「中国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、米国よりはるかに進んでいる。中国はデジタル人民元を世界に広めることができ、国際市場において米ドルの優位性が損なわれる可能性もある」

 しかし、米政府はラーセンの言葉に耳を傾けようとしない。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2021年10月号

genre : ビジネス 企業 テクノロジー