日本最大の教団の政治的パワーはどうなるのか 池田大作名誉会長亡き後の創価学会

島田 裕巳 作家・宗教学者
青山 和弘 政治ジャーナリスト、元日本テレビ政治部次長兼解説委員
小川 寛大 宗教専門誌『宗教問題』編集長
ニュース 社会 政治

 島田 創価学会の池田大作名誉会長が11月15日、東京都内の居宅で亡くなりました。95歳でした。創価学会が発表したのは、死後3日たった18日。「Xデーはいつか」と、ここ十数年ささやかれていましたが、事前に死亡情報は漏れなかったですね。

 小川 幸福の科学の大川隆法氏や、冨士大石寺顕正会の浅井昭衞(しょうえい)氏などの場合、発表の1、2日前には死亡情報が私の耳にも入りました。今回は、18日の午後1時半頃に第一報が出ましたが、私が関係者の方から「ガセかもしれませんが……」と伝えられたのは、その30分前。情報管理は徹底していましたね。

 島田 17日に家族葬を行い、荼毘(だび)に付されたそうです。通常、火葬場の情報は葬祭業界に広まりやすいのですが、それも抑えた情報統制には驚きました。

 青山 一部のメディアでは、「長いこと死を隠していたのでは」と語られることもありました。まだ生きていたことに驚いた人も多いのではないでしょうか。ただ、以前、公明党幹部が「名誉会長が亡くなったことを隠しておいたら、権力闘争の道具にされてしまう。それは有り得ない」と言うのを聞いたことがあります。

2006年、創価大学での式典に参加した池田大作氏 ©時事通信社

 島田 もともと池田氏の動向は、学会内部でもごく一部の人しか把握していませんからね。

 小川 公表当日朝の「聖教新聞」は、学会創立記念日のため、お祝いムード一色の紙面になっている。池田氏から送られたという和歌も載っている。事前に死去を知っていたら、もう少し違った紙面だったでしょう。

 島田 ただ、葬儀のほうは、第2代会長・戸田城聖氏と比べると、規模が小さいなとは思いました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2024年1月号

genre : ニュース 社会 政治