昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

横断歩道の白と黒、タテ幅の長さを知っていますか?

10メートルのメジャーを買って、町じゅうを測ってみた

2017/02/26

一間がまだ有効だ

 測ってみると、1800mm、900mm、450mmという数字がやたらと出てくるのだ。

横断歩道の1パターンは450mm
遊歩道の掲示板は縦横1800mm
小さい看板は900mm×545mm(545mmというレアな数字が出てきたときに興奮したことは言うまでもない)

 1800mmとはすなわち一間である。

 むかしの尺貫法の単位だ。家を建てるときの単位になっている。「間口一間の居酒屋」などと言ったりもする。居酒屋兆治の世界である。

 その数字が未だに現役であることに驚く。新宿のバス停の幅は450㎜だったし、路上のカフェの丸テーブルも直径900mmだった。

 オープンエアのカフェでラテ飲んでいてもそのテーブルの大きさは江戸時代から続くものなのだ。江戸の呪いが21世紀まで続いていることが分かる。測ると分かる。

 「ラテなんてのはしゃらくさくていけねえや」とべらんめえにもなるというものである(ならない)。

メートル元気!(がんばれ元気的なニュアンスで)

 だが、メートル単位のものも頑張っている。

ガードレールは3000mmである。短いのは2000mm。
新宿駅地下のタイルが400mmだった。400 mmとは挑戦的!やるぅ!

 屋内は尺貫法が支配しているのでたいてい450か900である。そこでこの400を持ってくるとは古い風習から脱却しようという強い意志を感じる。

メートルが支配する遊歩道

 柵の高さの930mmが気になるが、これは70mm埋まっているということではないだろうか。

 ここまでメートルで作られているということはきっと高さも1000mmであってほしい。

 これが1800mmで急に尺貫法が出てきたらもうびっくりである。(ですよね?)

どうでもいいもの

 このように、長さを測るだけで世界の意思を感じるのだ。ではこれはどうだろう。

遊歩道の街路樹

 なるほどね、これもきっちりと等間隔に植えてあるのだろう。美しく見えるように誰かが気を使ったはずだ。

 実際に測ってみると、

 5500mm、4650mm、5400mm、5000mm、3700mm、4600mm………。

 バラバラである。なんなんだ。

 世の中の街路樹がこんなものなのか、世田谷区の遊歩道がワイルドなのかわからないが、ひとつわかることは「バラバラでも人の目には結構気づかない」ということである。

◆ ◆ ◆

 以上、測ることで見えてくる世界をわずかだがお見せすることができたと思う。

 まだまだ測るものはあるのだ。明るさ、重量、温度、糖度!気圧……!!!

 こうして書いているだけで尻の下がムズムズしてくる。テスト半分もできてないのにあと10分と言われたときのようだ。

 このめくるめく世界を次回もお伝えしたい。そしてこのムズムズも何とかして測りたい。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー